KBF MX4

こんにちは。今回も前回に引き続き「Kinboofi」のオリジナルモデル「KBF MX4」の紹介です。「Kinboofi」は中国のイヤホンセラー&ブランドとしてオリジナルモデルではより高品質かつ高音質なシリーズを展開しています。今回の「KBF MX4」は3BA+1DD構成のハイブリッドで、側面にはサウンドチューニングの変更ができるスイッチ付仕様となったモデルです。そしてクリアパープルの鮮やかなカラーリングが同ブランドの製品でもひときわ目をひきますね。
KBF MX4KBF MX4
搭載するドライバー仕様ではKinboofiの大人気4BAモデル「KBF MK4」と高域および中音域のBAユニットは共通しており、低域でダイナミックドライバーを採用した。いわば「MK4のハイブリッド版」という側面もあります。実際のサウンドは高域こそMK4より若干抑え気味なものの、全体的に非常にスッキリとした明瞭な中高域に加え、力強く存在感のある低域が加わり、メリハリのある非常にバランスの良いサウンドに仕上がっています。スイッチ付きモデルのMK4より1万円近く低い価格設定も含め、かなりオススメ度の高い製品に仕上がっていると思います。
KBF MX4KBF MK4

KBF MX4」のドライバー構成はKnowles製「ED-29689」+Bellsing製「30095」×2の3基のバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーに1基のダイナミックドライバーの組み合わせによる3BA+1DD構成のハイブリッドになります。各BAドライバーの出力はネットワーク回路によりコントロールされ、さらに「KBF MX4」では2系統のスイッチによる4種類のサウンドチューニングを選択することが可能になっています。
KBF MX4KBF MX4
KBF MX4」の購入はアマゾンの「Kinboofi」マーケットプレイスにて。表示価格は 19,000円 となっています。
※現在 5% OFFのクーポンが配付されていています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBF MX4


■ 美しさが際立つパープルのクリアシェル。デザインは従来のMXシリーズより少しシェイプアップ

最近Kinboofiではパッケージデザインを一新しており、現在はMK/MX/MRシリーズ共通でブルーのボックスに統一されています。またケースもKinboofiロゴ入りの布製ポーチとなりました。パッケージ構成はイヤホン本体、MMCXケーブル、イヤーピース(黒色タイプ、グレータイプ、それぞれS/M/Lサイズ)、スイッチ切替用ピン、説明書です。
KBF MX4KBF MX4

KBF MX4」はなんといってもパープルのクリアシェルの美しさが目をひきます。今回もビルドクオリティは高く、所有欲を刺激するデザインとなっています。
KBF MX4KBF MX4
シェルデザインはこの「KBF MX4」から若干変更となっていて、従来のMX2/MX3およびMK5/MK6で採用されていたものよりややシェイプされた形状となり、装着性が多少向上しています。また前回レビューした「KBF MR4」も同じ形状のハウジングを採用しています。
KBF MX4, MR4KBF MX4, MR4
ハイブリッド構成のKBF MXシリーズはメインとなる中音域に「ED-29689」を使用し、高域用BAおよび低域用ダイナミックドライバーの組み合わせによりサウンドバリエーションを構成しています。
KBF MX4KBF MX4
そのなかで最も高域が強化された仕様となった「KBF MX4」ですが、同時にKinboofiのオリジナルイヤホンでも代表的モデルで現在も高い人気を持つ「KBF MK4」(4BAモデル)と比較して、低域用BA部分(CI-22955)をダイナミックドライバーに置き換えたモデル、という見方もできますね。

KinboofiKinboofi
付属ケーブルは8芯の銀メッキ線タイプで、MX3から採用されている比較的情報量の多いケーブルです。イヤーピースは毎回付属するグレーのタイプ(オマケ)と、ブラックの柔らかいタイプが付属します。個人的にはどちらのイヤーピースもあまり好みではなかったため、私はJVCの「スパイラルドット」に交換しています。他にもAcoustune「AET07」、AZLA「SednaEarfit Light」「SednaEarfit Light Short」などフィット感の高いものへの交換がお勧めです。


■ よりメリハリのあるスッキリしたチューニング。MK4のオールラウンドバージョン的なサウンド。

KBF MX4」の音質傾向は、寒色系で弱ドンシャリ傾向のKBF MXシリーズの傾向は踏襲しつつ、よりメリハリのある明瞭感と伸びのあるスッキリしたサウンドが特徴的です。煌めきのある中高域としっかりとした存在感のある低域が心地良く感じますね。「KBF MX4」は他のMXシリーズより特に高域のBAが追加されたモデルですが、特に高域の主張が強すぎることはなく、煌めきのある硬質な音ですが刺さり等の刺激は適度にコントロールされています。スイッチにより音質傾向が大きく変化するわけではありませんが、再生環境や好みに応じた「微調整」を行うことができます。

① 1.ON - 2.ON (標準): 製品開梱時のモード。フラット寄りのバランスで聴きやすいサウンド。ボーカルは比較的近くで鳴ります。ボーカルはすこし離れる印象。
KBF MX4② 1.OFF - 2.ON (中低域寄り): ①僅かに中低域が厚めになり、ボーカルが近づきます。メリハリはこのモードがもっとも大人しめで自然な印象です。
③ 1.ON - 2.OFF (中高域寄り、明瞭感アップ): 中高域の明瞭感が少しアップしメリハリがアップします。ボーカルは近く音場は僅かに少し狭くなります。最も高域の煌めきを感じるスッキリとした印象で低域の締まりも増します。
④ 1.OFF - 2.OFF (ドンシャリ寄り): ③より低域が強くなることで少しだけ派手さがアップし、弱ドンシャリ傾向のメリハリのある音になります。
個人的には「③ 1.ON - 2.OFF (中高域寄り、明瞭感アップ)」モードが最も好みの音でしたが、「① 1.ON - 2.ON (標準)」「② 1.OFF - 2.ON (中低域寄り)」では若干です高域が抑制されるため、刺激が気になる方はこちらのほうが好みに感じるかもしれませんね。

KBF MX4」の高域はある硬質で煌めきのある印象で、MXシリーズのなかで最もスッキリした明瞭感を実感できるサウンドです。比較的しっかりとした主張があるサウンドですが、刺さりやすい帯域は適度にコントロールされており、刺激は少なめになっています。そのため「KBF MK4」より見通しの良さでは少し譲るものの、質感は高く伸びやかで綺麗な音を鳴らしてくれます。
KBF MX4中音域はしっかり主張しつつ、ボーカル帯域は癖のないとても伸びやかで抜けの良い音を鳴らしてくれます。KBF MXシリーズで共通して採用されているKnowles製「ED-29689」により解像感のある描写ながらボーカル帯域も多少艶のある自然な音を鳴らします。余計な味付けはないものの余韻までしっかり表現してくれる表現力の高さを感じるサウンドです。
低域はしっかりとした量感のある重みと深みを感じる音を鳴らします。「KBF MK4」は非常にキレのある低域ながら量的には少なめで全体的に中高域メインのイヤホンでしたが、「KBF MX4」では同様に明瞭感のある中高域を実現しつつ、力強さのある低音を実現できている点はハイブリッドならではのサウンドといえるでしょう。低域用のダイナミックドライバーはより厚みと広がりのある音を鳴らし、重低音の沈み込みも良好です。低域に分析的な高い分離感を求める場合は「KBF MK4」のようにキレのある音の方が向いていますが、ロック、ポップス、アニソンなど、幅広いジャンルの曲でメリハリのあるパワフルなサウンドを楽しめるのは「KBF MX4」の強みと言えるでしょう。
KBF MX4KBF MR4, MX4
いっぽうで、同価格帯で販売される2BA+2DD構成の「KBF MR4」との比較では、「KBF MX4」のほうがメリハリがありスッキリした中高域と力強い低域が楽しめるいっぽう、「KBF MR4」ではよりフラットでデュアルダイナミックドライバーによる中低域の音場感の広がりが特徴的です。ロックやポップスなどと相性の良い「KBF MX4」にくらべて、MR4はよりジャズなどのアコースティックなサウンドやバラード曲との相性の良さを感じそうです。

KBF MX4このように非常に明瞭感のあるサウンドが特徴的な「KBF MX4」ですので、付属の8芯銀メッキ線ケーブルでも十分にそのサウンドを堪能できますが、リケーブルによりさらに解像感をアップすることができます。もっともお勧めなのは見た目的にもやはりKinboofiの16芯銀メッキ線ケーブル「KBF4851」でしょう。「KBF MX4」とぴったりなパープルカラーのケーブルは見た目にも大きくドレスアップしてくれます。また音質的にも情報量が一気にアップし、より高い解像感とキレの良さを実感します。特に低域の分離感が向上することでより立体的な音場を楽しむことができます。
よりハイグレードなケーブルでは上記の「KBF MK4」との相性も抜群の「KBF4782」純銀ケーブルが「KBF MX4」とも合いますね。少し価格的には高くなりますが、中高域の空気の膜を取り除いたような澄んだサウンドを楽しむことができます。
このように「KBF MX4」はMXシリーズとしては現時点で最上位モデルになりますがマルチBAのMKシリーズを含めたKinboofiのオリジナルイヤホンの中ではちょうど良い価格帯の位置づけとなっており、プライスと音質面の両方でまさに「ちょうど良い」イヤホンだと感じました。デザイン的な美しさも含めてリケーブルとセットでお勧めできるイヤホンだと思いますよ(^^)。