「YYX4865」「YYX4871」「YYX4872」

こんにちは。今回はYinyooブランドの新しい16芯ケーブル「YYX4865」「YYX4871」「YYX4872」の紹介です。どれも最近各セラーより登場している新しいミドルグレードタイプの16芯ケーブルで、銀メッキ銅線タイプのカラーバリエーションとなります。私は各ケーブルで異なるコネクタ仕様でアマゾンより購入しました。ちなみにシルバーの「YYX4865」だけは僅かに異なる線材のようで、より「傾向の変化が少なく、高域が強いイヤホンとも合せやすい」を感じやすい印象でした。

これらのケーブルは少し前からAliExpressではリリースされていましたが、最近アマゾンの「WTSUN Audio」でも購入が可能になりました。ミドルグレードタイプの「YYX4865」「YYX4871」「YYX4872」の各ケーブルはすでに同価格帯でリリースされているYinyooブランドの「YYX4861」「YYX4862」同様に、線材のグレードアップとプラグ部分などへのクロームメッキ仕上げのパーツ使用、そしてコネクタ形状にMMCX、中華2pinタイプに加えて「qdc仕様」と「TFZ仕様」が選べる点がポイントです。
MMCX connector2pin connectorqdc connectorTFZ connector
最近ハイグレード化が進んでいるKZ/CCA系のイヤホンと組み合わせられるqdcコネクタや、TFZ製イヤホンにぴったり合せられるコネクタが選べるのは嬉しいですね。
購入はアマゾンの「WTSUN Audio」にて。プライム扱いでアマゾン経由でのサポートが得られるため万が一コネクタ不良などがあった際も安心ですね。

[ YYX4871 ] Yinyoo 16芯 銀メッキ銅線 アップグレードケーブル(ブルー&グリーン&シルバー)
Yinyoo 16 Core Upgraded Silver Plated Copper Cable 2.5/3.5/4.4MM With MMCX/2pin/QDC/TFZ Connector
【 MMCX 】【 中華 2pin 】【QDC】【TFZ】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
※現在WTSUN Audioでは15% OFFのクーポンを配布中です。

YYX4871YYX4871YYX4871


[ YYX4872 ] Yinyoo 16芯 銀メッキ銅線 アップグレードケーブル(ゴールド&ブラック&シルバー)
Yinyoo 16 Core Upgraded Silver Plated Copper Cable 2.5/3.5/4.4MM With MMCX/2pin/QDC/TFZ Connector
【 MMCX 】【 中華 2pin 】【QDC】【TFZ】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
※現在WTSUN Audioでは15% OFFのクーポンを配布中です。

YYX4872YYX4872YYX4872

YYX4871」(ブルー&グリーン&シルバー)および「YYX4872」(ゴールド&ブラック&シルバー)の各ケーブルとも銀メッキ線タイプのケーブルで、内容的には先日レビューした「YYX4862」(ダークブルー&シルバー)のカラーバリエーションと考えて良いと思います。どちらも3色カラーのケーブルですが、実際に手にしてみると思ったより違和感はありませんでした。
「YYX4871」「YYX4872」「YYX4871」「YYX4872」
YYX4871」のほうはブルーとグリーンの寒色系の色が重なることでダークブルー系の落ち着いた色合いに見えます。「YYX4872」はまあ虎縞ですが(^^;)、タイ○ース感はあっても工事現場感はない、という明るめの印象です(わかるかな?)。
どちらのケーブルも低価格16芯タイプのケーブルと比較してみると線材の太さはほとんど同じように見えますが、「YYX4862」同様に多少被膜にコシがある手触りで取り回しもしなやかです。実際に手にしてみるとより高級感を感じる仕上がりになっていますね。
YYX4871YYX4872
YYX4871」および「YYX4872」の音質傾向は、16芯タイプらしい非常に情報量の多いイヤホンのポテンシャルを引き出すタイプのケーブルです。銀メッキ線ケーブルですが過剰な変化などの味付けはほとんど無く、Yinyoo/HifiHear/Kinboofiブランドの低価格16芯銀メッキ線タイプと比較すると、より自然な印象に中高域の輪郭がハッキリする明瞭感があります。また、ある程度駆動力のある再生環境では高域に銀メッキ線らしいキレのよさを感じる事も出来ます。
YYX4872YYX4871
線材もしなやかで各パーツも高級感がありますので、数万円クラスのイヤホンと組み合わせても見た目でもドレスアップできるケーブルです。こちろん、高音質化が進む低価格ブランドのハイブリッド、マルチBAとの組み合わせや、TFZとの組み合わせはもちろん、これら数万円クラスのイヤホンでもリケーブル効果を十分に実感できると思います。


[ YYX4865 ] Yinyoo 16芯 高純度銀メッキ線 アップグレードケーブル(シルバー)
Yinyoo 16 Core High Purity Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4MM With MMCX/2PIN/QDC/TFZ Connector
【 MMCX 】【 中華 2pin 】【QDC】【TFZ】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
※現在WTSUN Audioでは15% OFFのクーポンを配布中です。

YYX4865YYX4865YYX4865

アマゾンでは上記2種類とほぼ同時にリリースされた「YYX4865」は、多くのイヤホンに合せやすいシンプルなシルバーカラーの銀メッキ線ケーブルで、おそらく定番の「YYX4745」の後継にあたる、最もスタンダードな16芯ケーブル製品になると思います。
YYX4865価格も「YYX4861」「YYX4871」「YX4872」と同じに設定されており、一見して単なるカラーバリエーションのひとつにもみえますし、実際その可能性もゼロではないのですが(^^;)、AliExpressでの製品表記が「High Purity Silver Plated Cable」とこの製品のみ少し異なっていたりします。実は他の製品が「芯材(Core)あたり0.05mm×14本」(16芯だと224本)なのに対し、「YYX4865」では「0.05mm×16本」(16芯だと256本)という表記になっています。この表記が正しければ、他の16芯ケーブルと比較して実質的に18芯くらいの情報量になる、ということになります。なかなか謎ですね。

YYX4865YYX4865
実際の「YYX4865」は見た目には上記の「YYX4871」「YX4872」および「YYX4861」のシルバーカラー版というようにも見えます。同様にケーブルはしなやか手触りも同様です。ただ両者を比べてみると、撚り方の強さだけの可能性もありますが、たしかに「YYX4865」の芯材のほうが僅かに太くみえ、16芯束ねた状態だと目視でなんとか判断できる程度には太さの差があるように感じます。
YYX4865YYX4865
実際に両者を聴き比べてみるとどちらも同様に情報量は非常に高く、実際にはそれほど大きな差は感じられませんでした。ただ僅かに「YYX4865」のほうが高域がナチュラルな印象でより味付けの無いケーブルという印象です。この辺は以前の「YYX4745」(シルバー)も以降の16芯ケーブルよりナチュラルなケーブルでしたので、まさに後継製品としてはうってつけでしょう。
もともと中高域に特徴のあるマルチBAやハイブリッドなどとの組み合わせで情報量や解像度をアップさせたい場合には最適なケーブルです。カラーリング的にも合せやすいですので、いろいろなイヤホンと組み合わせができますね。


というわけで、低価格帯のラインナップに加えて、ミドルグレードの16芯ケーブルもおおむね新旧交代が行われた印象があります。より品質が向上したことでこれらのケーブルの利用範囲はさらに増えてくると思いますし、これら柔らかく情報量の多い16芯ケーブルは「中華イヤホンケーブル」にしかない製品ですので、今後も中華イヤホンに限らず幅広く認知されていくかもしれませんね。もちろん、それくらいのポテンシャルは十分にあると思います(^^)。