KB EAR Knight

こんにちは。今回は「KB EAR」のインナーイヤー(イントラコンカ型)イヤホン「KB EAR Knight」の紹介です。同ブランドでは初のインナーイヤー型イヤホンで、非常にクールなデザインの製品ながらアマゾンで2千円以下と購入しやすい価格設定も魅力的ですね。
KB EAR KnightKB EAR Knight
KB EAR Knight」の搭載ドライバーは15.4mmの強力なN52磁性体と有機素材の振動板を採用したダイナミックドライバーを使用。アルミ合金製の金属製ハウジングはミニマルなデザインでとてもシャープな印象ですね。また通常の装着方法以外にも耳掛け式での装着にも対応しています。
KB EAR KnightKB EAR Knight
ケーブルは高純度のOFC(無酸素銅)銀メッキ線ケーブルを採用。金属製プラグなど、低価格イヤホンながらひとつひとつにこだわった作りも魅力的ですね。
KB EAR KnightKB EAR Knight

KB EAR Knight」の購入はAliExpressの「Easy Earphones」またはアマゾンの「WTSUN Audio」「HiFiHear Audio」にて。表示価格はAliExpressが 16.99ドル、アマゾンが 1,990円です。AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。
AliExpress(Easy Earphones): KB EAR Knight

アマゾンでは割引きにより実質1500円程度で購入できます。またプライム扱いですぐに届きますし、万が一の場合アマゾン経由でのサポートが受けられますので、現在はアマゾンで購入した方が良いかと思います。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): KB EAR Knight 1,990円 ※購入時20% OFFキャンペーン中
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): KB EAR Knight 2,300円 ※購入時800円OFFクーポン配付中


KB EAR Knight」のパッケージは「KB EAR OPAL」や「KB EAR F1」など低価格モデルと共通のボックスデザイン。パッケージ内容は、イヤホン本体、ケーブルフック、スポンジ製イヤーパッド(4色/4ペア)、説明書。必要最小限の内容による低コスト化が伺えます。
KB EAR KnightKB EAR Knight
KB EAR KnightKB EAR Knight

金属製ハウジングのビルドクオリティは比較的高く作りはしっかりしています。15.4mmの大口径ドライバーと金属製シェルのため、装着時に多少ペコペコ鳴る感じはありますが、イヤーパッド無しでも装着感は悪くありません。アルミ製ハウジングのため見た目より軽量で、装着しても重量で落ちる心配はなさそうです。銀メッキ線ケーブルは樹脂被膜で多少硬めですが絡まることは少ないタイプです。タッチノイズも少なめです。イヤーパッドを装着すると低域が厚くなるものの、無しの状態の方がスッキリした印象で個人的には好みでした。


KB EAR KnightKB EAR Knight」(イヤーパッド無し)の音質傾向は、中高域に煌めきのあるサウンドで、ややフラット寄りの印象。インピーダンス32Ω、感度108dB/mWとインナーイヤー型イヤホンとしては比較的鳴らしやすいタイプです。中高域はボーカル帯域を中心にフォーカスのハッキリしたサウンドが楽しめます。いっぽうで中低域の少し下がって広がる音場感はインナーイヤー型特有の印象で、この手のイヤホンとしては比較的馴染みのある印象。ボーカル帯域を中心に中高域の鮮やかさに重点を置いたチューニングですね。解像感は価格なりで、音域のつながりに多少人工的なアレンジを感じますが、まとまりは良いイヤホンだと思います。

KB EAR Knight」の高域は比較的明るく、比較的ハッキリした印象。適度な煌めきを感じる金属質な演出を感じます。天井はそれほど高く無いものの、多少人工的ながら中高域の抜けは曇ること無く綺麗に抜けていく印象です。
中音域は比較的主張が強めでしっかり前に出て鳴ります。高域同様に明るめの音でボーカル帯域の描写は適度な明瞭感があり綺麗です。どちらかというと女性ボーカルが映えるサウンドですね。いっぽう演奏は輪郭がやや緩めの鳴り方ですが、ギターやピアノなどは多少強調された印象で、中高域を意図的に持ち上げたようにも感じる音です。中低域は少し暖かみがあり、低域の広がりとあわせてインナーイヤーらしい少し下がって広がる響きがあります。
KB EAR KnightKB EAR Knight
低域はひと言でいえば低価格インナーイヤーらしい音。比較的主張のある中高域に対して、少し下がった位置で響く印象ですが、過度に主張すること無く全体を下支えする鳴り方をします。中低域でやや膨らみ、解像感はそれほど高くありませんが、ベースは適度な重量感があり、曲によってはしっかり沈むため心地良い低音を感じる事が出来ます。全体的なバランスとしては良好で籠もること無くしっかりと低域の存在を感じるのは好印象です。

最近はインナーイヤー型イヤホンでも高解像度な製品が増えていますが、「KB EAR Knight」はインナーイヤー型として十分な表現力をもちつつ、全体的な雰囲気を楽しむ点ではボーカル帯域を中心に良くまとまった製品だと思います。ポップス、アニソンなどのボーカル曲やライブ音源等を楽しく聴くことができるイヤホンですね。2千円程度で手軽に使えるインナーイヤー型としてはデザインも含めなかなか良いと思いますよ(^^)。