Anker Soundcore Liberty 2 Pro

こんにちは。今回はレビューではなく、雑記ノリの内容になりますので、あまり参考になることは書いていませんご了承くださいませ(汗)。
今回のネタは、 Ankerの完全ワイヤレス(TWS)の「Soundcore Liberty 2 Pro」です。日本でも多くのデジタルガジェットに留まらず、ワイヤレスイヤホンのメーカーとしての知名度も急上昇している「Anker」ですが、「Soundcore Liberty 2 Pro」は同社のオーディオブランド「Soundcore」のハイエンドモデルとして鳴り物入りで登場した製品ですね。

私は普段は主に仕事をしている東京と自宅のある福井の二拠点生活をしていて、福井に戻る際はレビュー待ちの製品を中心に数種類の有線イヤホンとTWSを持っていきます。しかし先日戻った際にたまたまTWSを持って行かなかったため、ほぼ思いつきで「Soundcore Liberty 2 Pro」をアマゾンから購入してみました(日本中どこでもほぼ翌日に届くプライムはこういうときに便利ですよね)。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro
Soundcore Liberty 2 Pro」は完全ワイヤレス(TWS)イヤホンでは比較的珍しい、とはいえ最近ではハイグレードモデルを中心に徐々に搭載モデルが増えている「1BA+1DD」のハイブリッド仕様の製品です。ポータブルオーディオのマニアであればもちろんお馴染みの「Knowles」社製のバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーと11mmのダイナミックドライバーのハイブリッドで、各ユニットをステムに対して同軸上に直列で配置するレイアウトを採用。同社ではこれに「ACAA」(Astria Coaxial Acoustic Architecture)というネーミングをしています。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro
またBluetooth 5.0はもちろん、「aptX」および「AAC」コーデックに対応し、通話時の「CVC8.0」の通話ノイズキャンセリング対応などミドルグレード以上のTWSスペックを満たした仕様になっています。さらにAndroid/iOS用の専用アプリによって、様々な好みに対応する22パターンのサウンドプリセットや聴覚感度に合わせた最適化を行う「HearID」機能を搭載するなど、インテリジェント機能でもハイグレードモデルらしい特徴をもっています。
私は「Soundcore Liberty 2 Pro」をアマゾンで 14,380円で購入しました。
Amazon.co.jp(AnkerDirect): Soundcore Liberty 2 Pro


Soundcore Liberty 2 Pro」のパッケージはさすがメジャーブランド化が進むAnkerのハイエンドモデル、というこもあり、なかなかの豪華仕様です。スペック面での説明をグラフィカルにこれでもかと記載されたパッケージを開くと、本体装着済み以外に2種類S/M/L各サイズの6種類のイヤーピース、装着済み中サイズ以外に小サイズ、大サイズのイヤーフック、説明書など、本体および充電ケース、充電ケーブル以外にも充実した付属品が確認できます。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro

Soundcore Liberty 2 Pro」のサイズ感は同社サイトで競合機種の最初に挙げているソニーの「WF-1000XM3」と近い大きさで、装着したときの見た目もほぼ同様な感じになります。しかしイヤーフックや微妙な形状の違いにより、装着性自体は「Soundcore Liberty 2 Pro」のほうが格段に良いですね。
私は「WF-1000XM3」は付属のイヤーピースではどうしても耳に合せられなかったため「SpinFit CP360」に替えていますが、「Soundcore Liberty 2 Pro」については付属イヤーピースでしっかりと合せることができました。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro
充電ケースはTWSで多いタマゴ型ですが、本体を横向きにセットすることもあり本体の大きさに対して比較的コンパクトにまとまっているのは好印象です。また充電ケースごとQiのワイヤレス充電に対応しているのもいかにもAnkerらしくて良いですね。ペアリングもスムーズで取り扱いは非常に分りやすいと思います。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro
と、実際に聴くまではかなり好印象だった「Soundcore Liberty 2 Pro」なのですが、実際にスマートフォンとペアリングし(Bluetooth 5.0/aptX)、再生をしてみると・・・・「おや?」。

Soundcore Liberty 2 Pro」のサウンドは、かなり低音強めの「凄くわかりやすい」ドンシャリ傾向です。私のブログでは最近の中華ハイブリッドの明るく鮮やかでメリハリ強めのエッジの効いたサウンドを「派手な音」と表現していますが、実際のところこれらのイヤホンの周波数特性はV字カーブがとても緩やかな弱ドンシャリからフラット寄りに収まっており、他のリスニングイヤホン同様に「バランスの良い音」と一般的に表現される傾向でまとめられています。いっぽうの「Soundcore Liberty 2 Pro」は、そういった「派手さ」とは別物の、少し前に流行った「低音ブースト」や「ノリ重視のサウンド」のチューニングを彷彿とさせる、ある意味わかりやすく、どこまでも一般ウケを狙った音作りであることがわかります。
Anker Soundcore Liberty 2 ProAnker Soundcore Liberty 2 Pro
AndroidおよびiOS用に提供される「Soundcore」アプリをインストールし、「Soundcore Liberty 2 Pro」を登録することで、ファームウェアの更新やボタン操作の変更などのメンテナンスに加えて、もっとも特徴である「HearIDおよびイコライザー」機能が利用できます。
「HearID」はテストサウンドへの反応に合せてイコライザのカスタムパターンを自動生成する機能で、これとは別に22種類のプリセットのイコライザー設定を利用することができます。「前提条件として」変更前の「デフォルト」の音を好印象に感じる方であれば、曲のジャンルや利用シーンにあわせてプリセットを変えることでより自分に合ったサウンドを楽しめると思います。
soundcoresoundcoresoundcoresoundcoresoundcoresoundcore
ただ、私の場合は、これら全てのプリセットをテストしてみましたが、残念ながら個人的にマッチするものを見つけることはできませんでした。サウンドバランス的には「フラット」や低域を抑える「ベースリデューサー」のプリセットが比較的好印象でしたが、結局は「HearID」も含めてイコライザーでバランスを変えているだけで、「Soundcore Liberty 2 Pro」の特性そのものに違いはないことがその理由ですね。

Anker Soundcore Liberty 2 Pro個人的に感じた最大の問題点は、中音域の表現力で、単純にドンシャリ傾向で凹むというだけでなく、粒状感の少ない籠もりがちの音になってしまっている点でしょう。まるで極端にラウドネス効果を高めた昔のCDマスタリングやビットレート低い配信音源のような、ボーカルなどはメリハリ良く聴こえるいっぽうで、余韻などは少なく、奥行きや音場感の無い、ひたすらドンドン、シャリシャリした音、といえばイメージできるかも知れませんね。
これをイコライザーでどれだけ調整してもあまり意味の無いことで、むしろデフォルトのままで「臨場感のあるノリの良い音」で楽しんだ方が良いのでは、という印象でした。
またハイブリッド構成にすることでインピーダンスが下がっている(より電流が流れやすくなっている)のに対してホワイトノイズを下げるためのチューニングも少し不足しているようです。全体的な解像感とのトレードオフですので、マニアであれば再生時に発生するホワイトノイズは「こういうもの」としてある程度理解できると思いますが、この製品の主なターゲットである「マニアでは無い大多数のお客さま」からは「ノイズが気になる」という感想が出るのも仕方ないのではという気がします。

Anker Soundcore Liberty 2 Proとまあ、個人的にはこのように結構残念な印象だったわけですが、「Soundcore Liberty 2 Pro」はサクラ評価を別としても世界中でそれなりの評価を得ている製品であることもまた事実です。Ankerも狙ってこのようなサウンドチューニングにしていると思いますし、(マニアではない)私の複数の知人には思ったより高評価だったりもしました。おそらくオーディオマニア向けではない大多数の人向けのTWSで、かつ「ガジェットとしてのハイエンド仕様」であることを考えれば、十分に「Soundcore Liberty 2 Pro」のアピールポイントが見えてくるのかな、とも思います。つまり私なんかは「お呼びじゃない」製品なわけですね(汗
というわけで、私が購入した「Soundcore Liberty 2 Pro」は、結局さほど使用しないまま、上記の高評価だった知人に譲ることにしたのでした(^^;)。