TRIPOWIN Zonie

こんにちは。そろそろ年末が近づいていますが、年末年始ネタに突入する前に、あと何本かレビューを仕上げたいと思っています。というわけで、今回は低価格16芯ケーブルの新製品「TRIPOWIN Zonie」の紹介です。

「TRIPOWIN」は中国のイヤホンセラー「LINSOUL」が主に取り扱うイヤホンおよびケーブルのブランドで、私のブログでもKZ系ODMの5BAイヤホン「TRIPOWIN TP10」および8芯ミックス線ケーブルの「TRIPOWIN C8」を紹介しています。今回の「TRIPOWIN Zonie」はいわゆる低価格16芯タイプのケーブルになります。
TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie
TRIPOWIN Zonie」ケーブルは、「ダークグレー」と「ゴールド/シルバー」の2種類のカラーリングが選択でき、コネクタも「MMCX」「CIEM 2pin」「qdc」の3タイプが選択できます。

TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie
またプラグも3.5mmステレオ以外に、「2.5mm/4極」および「4.4mm/5極」のバランス接続プラグも選択可能になっています。「TRIPOWIN Zonie」16芯ケーブルは、日本ではLINSOULのアマゾンマーケットプレイス「L.S オーディオ」で取り扱いをしています。


[TRIPOWIN Zonie]  TRIPOWIN Zonie 16芯 SPC(銀メッキ銅)線アップグレードケーブル
TRIPOWIN Zonie 16 Core Silver Plated Cable SPC Earphone Cable
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【QDC】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie

【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【QDC】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie
低価格タイプの16芯ケーブルはアマゾンでは3千円程度の価格設定が多いですが、L.Sオーディオで販売される「TRIPOWIN Zonie」16芯ケーブルはについては海外のLINSOULサイトでの価格と大きく違わず、2,200円と相対的に割安な印象を受けますね。

TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie」のコネクタおよびプラグ等の部品は8芯ミックス線タイプの「TRIPOWIN C8」と同じものが使用されています。線材は細めの柔らかくしっかりと編み込まれています。同価格帯16芯ケーブルの「TRN T2」と比べると被膜はより柔らかくしなやかな印象で、低価格グレードですが線材自体は最近のミドルグレード製品と遜色ない印象ですね。いっぽう3千円クラスのEasy系の16芯ケーブルは耳掛け加工のないタイプですが、「TRIPOWIN Zonie」は樹脂被膜による耳掛け加工が施されており、耳掛けの場合の装着性が向上し、コネクタ部分が強く折れ曲がることがないため、断線のリスクも低くなりますね。

音質傾向は味付けのない非常にナチュラルなタイプで、リケーブルによる劇的な音質変化はあまり感じないかも知れませんがある程度以上のグレードのイヤホンではポテンシャルを大きく引き出し、より明瞭感や解像度の向上を実感できると思います。「TRN T2」よりナチュラルな印象ですね。
ケーブルの情報量も非常に高く、他ブランドの3千円以上の16芯ケーブルと全く遜色ない印象です。いっぽう5千円クラスのミドルグレードの16芯銀メッキ線ケーブルとの比較では若干ですが明瞭感やキレに違いがある印象です。この辺は価格なりの差といえるでしょう。とはいえ、反応の良いイヤホンや再生環境よっては「音量がひとまわり変わる」場合があるのも16芯ケーブルらしい特徴で、既存の2千円クラスの8芯ケーブルより繊細な音を確認できる印象です。
TRIPOWIN ZonieTRIPOWIN Zonie
最近のKZのマルチBAモデルなど、比較的傾向がはっきりしたイヤホンと組み合わせて、傾向を変えずに情報量をアップする等の使い方が最適なケーブルだと思います。これらのモデルでは情報量や分離性が向上することで、16芯らしく明瞭感が大幅に向上し、全体的によりスッキリした印象のサウンドになると思います。また中華イヤホン以外でも、情報量を向上させつつ手軽にグレードアップできるケーブルとして最適だと思います。