bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「CCA CA2」 CCAバージョンのアンダー10ドル、1DDモデル。カラフルなクリアシェルと使いやすいサウンドの超低価格中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
CCA CA2

こんにちは。今回は「CCA CA2」です。低価格中華イヤホンのブランドとして私のブログでもお馴染み「KZ Earphones」の姉妹ブランド「CCA」の新しいエントリークラスの製品です。10mmサイズのダイナミックドライバーをシングルで搭載し、アンダー10ドルの価格設定ながらリケーブルにも対応する仕様となっています。

CCA CA2CCA CA2

ちなみに「CCA CA2」はKZの1DDモデル「KZ EDX」と非常に酷似しており、外観だけをみると「CCA CA2」は「KZ EDX」のブランド違い、またはカラーバリエーションのようにもみえますね。「CCA CA2」は搭載ドライバーに「10mm Composite Magnetic Dynamic」ドライバーを採用しており、ドライバー背面のネットワーク回路により出力がコントロールされ、インピーダンス23Ω・感度112dB/mWの比較的鳴らしやすい仕様でまとめられています。この搭載ドライバーおよび仕様についても「KZ EDX」の記述とまったく同一となっています。
CCA CA2CCA CA2
ケーブル部分のコネクタはこちらも「KZ EDX」や「KZ ZSTX」などで採用されている「0.75mm 2pin」仕様の「KZ タイプB」コネクタで、同仕様および0.78mmのCIEM 2pinおよび中華2pinケーブルでのリケーブルも可能です。付属ケーブルは銅線タイプになります。
CCA CA2CCA CA2
カラーバリエーションは「イエロー」「レッド」「透明」の3色。
CCA CA2」の価格は7ドル~程です。購入はEasy EarphonesなどAliExpressの主要なセラーにて。AliExpressでの購入方法はこちらを参照してください。
AliExpress(Easy Earphones): CCA CA2


■ カラフルなクリアシェル。実は「KZ EDX」とは異なるドライバーを搭載。

今回はレッドのイエローの2種類のカラーバリエーションを購入しました。パッケージはカラーごとの画像が掲載された白箱タイプ。パッケージ内容はイヤホン本体、ケーブル、イヤーピースは本体装着済みMサイズおよびS/Lサイズ、および説明書など。
CCA CA2CCA CA2
CCA CA2CCA CA2

CCA CA2」の樹脂製の本体は「KZ ZSTX」および「KZ EDX」と同じサイズで、外観上の「KZ EDX」との相違点はフェイス部分のプリントが「A」という文字をデザインしたものである点と側面のモデル名表示のみです。そのため装着性や遮音性などもこれらのモデルと同様です。
CCA CA2CCA CA2
しかし、少なくとも手元にあるロットでは「CCA CA2」と「KZ EDX」で搭載されている10mm ダイナミックドライバーは異なるシャーシのものが採用されており、世代または仕様の異なるドライバーを使用していることが目視でも確認できます。
CCA CA2CCA CA2
付属ケーブルは以前のモデルで採用されていた銅線タイプのケーブルで、カラーの違いはありますが「KZ EDX」と同仕様ですね。超低価格モデルですので「KZ ZSTX」や「CCA CSN」のような銀メッキ線の採用は出来なかったようです。この辺は従来のKZおよびCCAの各モデルとの比較で考えるとまあ納得できる部分ではありますが、最近ではほぼ同価格帯でTRNが「TRN MT1」を販売しており、こちらは価格的な妥協がほとんど感じられないなど、相変わらずの競争の激しさを感じますね。
CCA CA2CCA CA2
イヤーピース形状などは毎度おなじみのKZ/CCAのものなのですが、白色のシリコン製で実際に装着するとほんの僅かですが装着感が異なります。とはいえ、やはり付属イヤーピースは交換するのが「普通」ですね。例によって定番のJVC「スパイラルドット」やAcoustune「AET07」などの耳にフィットするイヤーピースへの交換がお勧めです。


■ 「KZ EDX」より分りやすくボーカル寄りのバランス。ただし、やはりリケーブルは必須かも。

CCA CA2CCA CA2」の音質傾向は緩やかなV字を描きつつボーカル帯域にフォーカスした弱ドンシャリ傾向。想像以上に「KZ EDX」との違いがハッキリ分りやすいチューニングでした。「KZ EDX」は非常にパワフルで存在感のある低域が特徴的で、銀メッキ線ケーブルへのリケーブルや据置きアンプなどでのしっかり鳴らすことでやや緩めの中高域を覚醒させると元気なリスニングサウンドを楽しめるイヤホンでした。「CCA CA2」は少し低域が控えめになっており、全体的なサウンドバランス自体は「TRN MT1」に少し寄せているとも感じます。
ただ個人的な印象では、どちらかというと「CCA CA2」は「引き算」のアプローチで、基本は「KZ EDX」をベースに低域の強さを「引き算」したようにも感じます。そのため、付属ケーブルでスマートフォンや低価格DAPなどの再生環境では「TRN MT1」より全体的にフォーカスが少し甘く、音像や空間表現などはそれなりにも感じます。それでもイヤホン自体のポテンシャルは10ドル以下のイヤホンとしてはかなり高いため、「KZ EDX」同様にリケーブルなどでかなり印象は変化します。今回も「リケーブル必須」モデルと考えた方が良いでしょう。

CCA CA2」の高域は、刺さりなどの刺激を抑えつつ適度な明瞭さと煌めきがある音を鳴らします。印象としては「KZ EDX」の高域に近いものの、付属ケーブルの場合は相対的に「CCA CA2」のほうが主張が強く感じます。ただ付属ケーブルの場合は「鳴らし切れていない」感じが強く、音量を上げると少し歪みを感じます。本来高域用BAと組み合わせでハイブリッド構成で使っていた中低域用のダイナミックドライバーをフルレンジで使用していることが理由かもしれません。そう考えると「KZ EDX」で採用されているダイナミックドライバーのほうがドライバー自体の「鳴りが良い」かもしれませんね。なお「KZ EDX」同様に情報量の多い銀メッキ線ケーブルにリケーブルすることで全体的に音量がアップし音が濃くなるため、結果的に歪みなども改善されます。
CCA CA2中音域は特に凹むこと無く比較的近くで鳴ります。付属ケーブルの場合、「KZ EDX」よりボーカル帯域の主張が増したバランスになっており、ポップスなどのボーカル曲では聴きやすさを感じると思います。寒色系でやや硬質の癖のないサウンドですが、同様のバランスの「TRN MT1」と比べるとやや人工的で音像も粗さを感じます。とはいえ、10ドル以下のイヤホンと考えれば曇りも無く十分に明瞭だと思います。やはりリケーブルによる印象の変化は大きく、分離感が向上することで女性ボーカルの高音の伸びや男性ボーカルも厚みが増し、音場も奥行きを感じやすくなります。
低音域は「KZ EDX」のパワフルさと比べると分りやすく控えめですが、全体的なバランスとしては十分な量感があります。ただ低域と比べて中高域の主張がそれほど強くなかった「KZ EDX」に対して、さらに低域の主張も減らしてバランスを取ったような印象で、そのサウンドを音量を上げて聴けば粗さはより目立つよね、という印象も感じます。低域自体は直線的で沈み込みも比較的良好ですが、最近のKZやCCAのイヤホンと比べると緩さを感じ、悪くは無いけどもっとスッキリ締まって欲しいとも感じるサウンドです。

CCA CA2このような印象もあり、全体としては悪くないですし、10ドル以下のイヤホンとしては十分に及第点名仕上がりだとは思いますが、もう一皮むけて欲しいというか、やはり付属ケーブルでは「もっと頑張りましょう」感が否めません。リケーブルはKZからも純正の8芯ケーブルが出ていますが、より分りやすい変化があったほうが良いため、低価格のものであれば「JSHiFi Hi8」、少しグレードを上げたところでは「NICEHCK C8s」シリーズなどを選択するのが良いと思います。また各セラーの16芯や24芯の銀メッキ線も良いでしょう。ただ、どのケーブルもイヤホン本体より高いのが難点ではありますね・・・。

というわけで「CCA CA2」でしたが、「KZ EDX」との比較で個人的にどちらが好きかと言えば、やはり「KZ EDX」のほうかもしれません。どちらもリケーブル前提ではありますが、「KZ EDX」は情報量の多い銀メッキ線を使うことでKZらしいパワフルな低域を堪能しつつ中高域にも中華ハイブリッド独特の金属感とは異なる明瞭感やキレの良さを楽しめます。いっぽうの「CCA CA2」は同様のリケーブルにより中高域の印象は改善されるものの、普通に良いバランスにまとめられていることで逆に特徴を掴みにくくなっているとも感じます。そうなると同様の方向性でも「TRN MT1」のほうがメリットを感じますね。
とはいえ、この価格のイヤホンとして普通に使う上では多くの人にとって使いやすく聴きやすいイヤホンだとは思います。もし今後アマゾンなどでも購入できるようになれば、手頃なイヤホンとして購入しても全く問題なく楽しめるのでは、と思います。

「TRN MT1」 10ドル以下のシングルダイナミック仕様。クールなクリアシェルとバランスが良く使いやすいサウンドに驚く超低価格中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TRN MT1

こんにちは。今回は「TRN MT1」です。例によって購入したのは少し前ですが、このところ色々買いすぎてるせいか、未レビューのイヤホンも増えるいっぽうですので、 なんとか順次掲載できればと思っています。
というわけで今回の「TRN MT1」ですが、最近の当たりイヤホンの連発と怒濤の「変態性の追求」が生み出したハイグレードの「BA15」のおかげで、個人的好感度爆上がり中の「TRN Audio」のエントリークラスの製品ですね。10mmのシングルダイナミックの構成ですが、例によって「どっかで見たことある」パ○リもとりオマージュを感じるデザインと、しっかりと仕上げてきているサウンドで使い勝手の良さを感じるイヤホンです。

TRN MT1TRN MT1

TRN MT1」はシリコンクリスタル複合バイオセルロース振動版を採用した10mmサイズの二重磁気回路ダイナミックドライバーをシングルで搭載。リケーブルに対応したイヤホンながら10ドル以下の低価格を実現しています。
TRN MT1TRN MT1

ケーブルは最近のTRN製イヤホンでは標準となっているタイプC仕様。qdcコネクタと互換性のある2pin仕様で様々なリケーブルに対応出来ます。ハウジングはクリアーカラーの樹脂製を採用。カラーバリエーションはグレー、透明、グリーンの3色が選べます。
TRN MT1TRN MT1

TRN MT1」の購入はAliExpressおよびAmazonの各セラーにて。価格はAliExpressが7.60ドル~、Amazonが1,600円~です。AliExpressの購入方法はこちらを参照ください。AliExpressでは10ドル以下、日本円換算でも千円以下で購入できるのは魅力ですね。AliExpressでの購入に初めて挑戦したい、という方でも試しやすい製品かも知れません。
※Amazonのプライムデーとほぼ同じタイミングでAliExpressでもサマーセールがあります。セール価格はそれぞれのリンクを参照ください。

ただ、国内発送(プライム扱い)ですぐに入手したい、万が一の不良品の場合の返金・返品などのリスクを心配される場合はアマゾン経由でも千円台と十分に低価格で購入しやすい価格ですね。
Amazon.co.jp: TRN MT1 1,600円~


■ アンダー10ドルには見えない? クールにまとめられたシェルデザイン

私は4月上旬に他のイヤホン等とまとめてAliExpressで購入し、2週間ほどで手元に届いています。「TRN MT1」のパッケージは「TRN TA1」以降のモデルで採用されている本体画像がプリントされたデザイン。TENのロゴはパッケージ側面にのみ記載されており、「MT1」というモデル名を強調したデザインとなっています。パッケージ内容はイヤホン本体、ケーブル、イヤーピースは黒色タイプでS/M/Lサイズ、説明書・保証書と従来の低価格モデルと同様です。
TRN MT1TRN MT1
TRN MT1TRN MT1

TRN MT1」のハウジングは透明な樹脂製でステムノズル部分のみアルミ合金製。搭載されいてる10mmダイナミックドライバーの存在を確認できます。クリアグリーンは「NF Audio NM2」やかつての「qdc 2SE」などの製品を連想させるイメージでとても良い感じのカラーリングですね。
TRN MT1TRN MT1
サイズやシェル形状は「KZ ZSTX」や「KZ EDX」に非常に近く、装着性もかなり近い印象。実際はTRNの1BA+1DDモデル「TRN ST1」のハウジング形状を踏襲しているのですが、樹脂製フェイスと新たなステムノズルなどもあり全く違うデザインに見えますね。ステム部分はハイグレードの「BA15」と同じ部品を使用しており、より高級感が増しています。またフェイス部分や全体のイメージを踏襲させたと思われる「NF AUDIO NM2」と比べると「TRN MT1」のほうが全体的に大きいサイズ感であることが伺えますね。
TRN MT1TRN MT1
イヤーピースは他のTRN製イヤホン同様に中華イヤホンでは一般的なもので、KZ製イヤホン付属のものより相当マシだとは思っていますが、個人的にはやはり耳によりフィットするものに交換したいところです。具体的には定番のJVC「スパイラルドット」やAcoustune「AET07」、またよりフィット感の強いタイプでは「AZLA SednaEarfit XELASTEC」や「SpinFit CP100+」など、自分の耳に合う最適なイヤピースを選択するのが良いですね。


■ 明瞭感のある中高域と小気味よい低域。聴きやすくバランスの良いサウンド

TRN MT1」の音質傾向は、聴きやすくまとまりのあるドンシャリ傾向。エージングは開封直後から数時間~1日程度で中高域の明瞭感や締まりが増し、本領を発揮する印象です。解像感や表現力の上では多少荒削りな音ではあるものの、超低価格のイヤホンとしてはかなりまとまりが良いイヤホンですね。また比較的鳴らしやすくスマートフォン直挿しでもそれなりに聴かせる実力があります。いっぽうで駆動力のある再生環境でしっかり鳴らすと明瞭かつメリハリのあるより分りやすいドンシャリに変化し、結構楽しいリスニングができます。これで10ドル以下は正直凄いかもしれない、ファーストインプレッションでそう感じさせる実力がありますね。

TRN MT1過去にレビューしたKZの1DDモデル「KZ EDX」は「リケーブルすると結構化けるイヤホン」として紹介しましたが、「TRN MT1」はインピーダンス22Ω、感度106dB/mWとスマートフォンでも鳴らしやすく、KZより質の良いケーブルが付属することもあって、「素の状態」でも十分に実用的なサウンドです。ライトユーザーの最初の中華イヤホンとしても、あるいはマニアの普段使いのアイテムとしても楽しめる製品でしょう。あえてマイク付きモデルを選んでオンライン会議やゲーム用に使用するのも良いですし、「TRN BT20S」のようなアダプタでワイヤレスイヤホン化するのもアリかもしれません。その場合、1万円以下のTWS製品が相手なら「TRN MT1」のサウンドで同等以上の実力を発揮してくれそうです。

TRN MT1」の高域は、多少硬質ながらスッキリしつつ聴きやすい音を鳴らします。TRNのドンシャリというとハイブリッドモデルでは「刺さる人には結構刺さる」というややシャリ付きのある金属質な音が特徴的でした。しかしこれは同社のハイブリッドモデルで多く採用される高域用BA「30095」(おそらく「Bellsing 30095」と同じで、KZも自社向けチューニングの同じドライバーを「KZ 30095」として使っています)の特性で、同様にBAを持たない「KZ EDX」も他のKZ製ハイブリッドとは高域の印象が異なります。しかし、「KZ EDX」の高域は付属ケーブルでは多少緩く感じられたのに対し、「TRN MT1」は付属ケーブルでも明瞭な音を鳴らします。解像感はそれなりですが非常に聴きやすく、ハイハットなどのシンバル音も綺麗に鳴るなど、普段使いとしては十分なサウンドだと思います。また後述の通りリケーブルによりさらに明瞭さを増したキレのあるサウンドも楽しめます。

TRN MT1中音域は曲よって僅かに凹みますが、聴きやすくまとまりのある音を鳴らします。癖の無いつながり良い音でボーカル帯域も過度に強調されることなく自然に再生されます。高域同様解像感や分離などグレードの違いを感じやすい点はそれなりではあるため、音数の多い曲では演奏の1音1音まで捉え切れてない印象はあるものの、スマートフォン直挿しでも圧縮されたストリーミング音源やYouTubeなどの動画再生、あるいはゲームなどさまざまな音源を幅広く楽しめる明瞭さがあります。また十分に駆動力のあるDAPやアンプであればより明瞭感が増し、女性ボーカルの高音の伸びなどもより良く感じます。音場は標準的ですがハイブリッドモデルより派手さを抑えているため定位を捉えやすく、動画やゲームなどで位置を掴む上では良い印象をもちそうです

低域は「KZ EDX」のような分りやすくパワフルさはないものの、全体としてバランスが良く十分な量感があります。ミッドベースが弾むように鳴る印象で重量感より小気味良さを感じる低域ですね。そのため派手なドンシャリを好む方にはもう少し強さが欲しいと思うかも知れません。重低音の沈み込みはやや浅い印象はありますがスピード感があるため、EDMなども結構楽しめそうです。またイヤーピースによる印象の変化もかなり大きいイヤホンのため、いまいち音が遠く感じたり音抜けが良くない場合はフィット感のあるイヤーピースに交換することをお勧めします。低域についても締まりなどに結構違いが出るようです。

TRN MT1」はポップス、ロック、またはアニソンなどのボーカル曲を中心にストリーミングなどで気軽に楽しむのに最適なサウンドです。また臨場感などの点ではKZのパワフルな低域が好みの方も多そうですが、ゲームや動画視聴でも明瞭な中高域で十分に楽しめると思います。
TRN MT1TRN MT1
そして「TRN MT1」はリケーブルも対応しますが、多くの場合付属ケーブルでも十分にバランスの良い音を鳴らします。逆に「KZ EDX」では良い方向に変化する銀メッキ線タイプのケーブルなど、やや派手目に変化するケーブルの場合、「TRN MT1」の場合は中高域が強めでバランスが崩れるためあまりお勧めできません。「TRN MT1」と相性が良いのはTRN純正「TRN T4s」や「NICEHCK LitzOCC」「KBEAR KBX4915」などの高純度単結晶銅線ケーブルでしょう。これらのケーブルでは中低域の厚みが増すとともに全体的にメリハリが増し、より濃い音に変化します。他にもミックス線ケーブル等でも相性の良いものがありますので色々試してみるのも楽しいですね。

TRN MT1というわけで、「TRN MT1」はアンダー10ドル、つまりAliExpressなどでは数百円で購入できる超低価格のイヤホンにもかかわらず、必要十分なサウンドを実現した「小粒でもピリリとおいしい」イヤホンでした。細かい音質表現では価格相応に割り切っている部分も結構ありますが、マニアなら「この価格でもこれだけ遊べる」という楽しみがありますし、ライトユーザーやこれから中華イヤホンを購入してみようという方には「ダメもと」の価格で想像以上のサウンドを実感できるかもしれません。個人的には販売されているセラーが限られているものの、グレーのほうもさらに「NM2」ぽさがあるので、買い増ししようと思っています(^^;)。


プロフィール(Twitterアカウント)
(読み) ばいそにか。カフェで息抜きに中華イヤホンのレビューなどオーディオ&ガジェット系ブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。10年近く東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活。普段は小さなIT系企業を細々とやってます。PC(?)遍歴にApple IIcとNeXTstationがあるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。






※「Amazon Music HD」も同額で利用可能に!
Amazon Music Unlimited 4か月無料で音楽聴き放題 期間限定 6/22まで。新規会員登録のみ。
【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】
プライム会員限定 3ヶ月99円 読み放題 6/22(火)まで。


最新記事
Echo Studio Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&Alexa


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
タグ絞り込み検索



購入イヤホン「好みランキング」





中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント一覧
累計訪問者数 (ユニークユーザ数)
  • 累計:

累計アクセス数 ( PV )
  • 累計:












新登場 Fire TV Stick 大画面でストリーミングを簡単に