KBEAR 「KBX4905」

こんにちは。今回はKBEARKBX4905」 8芯 単結晶銅単結晶銅&銀線ミックスケーブル です。海外では「Rhythm」というモデル名で販売されるKBEARの8芯単結晶銅ミックスケーブルです。アマゾンでは7N UPOCCとの記述がありますが、AliExpressの詳細表記と今ひとつ一致しないため(私のブログをご覧いただいている方はご存じかもですが、中華ケーブルでは、まあよくあることです)、今回はAliExpressでの表記をメインにまとめました(^^;)。

KBEAR 「KBX4905」、モデル名「Rhythm」は8芯の銅線および銀線のハイブリッド(ミックス)ケーブルで、ブラウンの被膜に覆われた線材は0.06mmの高純度単結晶銅線を20本、ダークグレーの被膜の線材は0.2mmの銀線を7本束ねており、それぞれを4芯ずつミックスし、合計8芯(内部の線材は合計108本)のハイブリッドケーブルを構成しています。このように非常に魅力的なケーブルにもかかわらずAliExpressでは20ドル程度、アマゾンでも3千円以下で購入できる価格設定になっています。
KBEAR 「KBX4905」KBEAR 「KBX4905」
購入はAliExpressの「Easy Earphones」またはアマゾンの「WTSUN Audio」にて。AliExpressでの購入方法はこちらを参照してください。またアマゾンでは掲載時点では各コネクタの在庫があり、プライム扱いですぐに届きますね。


KBX4905 ] KBEAR 18芯 単結晶銅&銀線ミックス ケーブル(ダークグレー&ブラウン)
KBEAR "Rhythm" 8 Core Single Crystal Copper UPOCC Cable with 2Pin/MMCX/QDC/TFZ Connector
【 MMCX 】【 中華2pin 】【 qdc 】【TFZ】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】

KBEAR 「KBX4905」KBEAR 「KBX4905」

前述の通り、アマゾンでは「単結晶銅線ケーブル」という記載になっていますが、「単結晶銅線と銀線のミックスケーブル」です。中高域の明瞭感に特徴のある銀線と中低域の厚みがある銅線を効率よくハイブリッドすることで、あらゆるイヤホンでバランス良く音質を向上できると思います。
KBEAR 「KBX4905」

コネクタはMMCX、中華2pinのほか、qdc仕様およびTFZ仕様が選択可能で、KZ/CCA/TRNのタイプC仕様やTFZ製イヤホン等を含め幅広い製品で利用できると思います。

KBEAR 「KBX4905」KBEAR 「KBX4905」

8芯タイプということで多少太さのあるケーブルですが、極細のワイヤーが織り込まれることで作られた芯となる1本1本の線材は非常にしなやかで、8芯を編み込んだケーブルとしても非常に柔らかく、取り回しも良好です。少し以前の8芯タイプの中華ケーブルは線材の被膜が多少ビニール感があり多少硬さを感じる製品も多かったですが、KBEAR 「KBX4905」は、それらのケーブルと比べると十分にしなやかで取り回しも良好です。

KBEAR 「KBX4905」KBEAR 「KBX4905」の音質傾向はミックス線らしく、全体の情報量を向上させることで各音域の明瞭感を向上させ、見通しの良さを実感させる変化があります。単結晶銅線を使っているためか、リケーブル後の印象は比較的自然で、派手に音が変化するタイプのケーブルではありませんが、情報量は十分に多く、イヤホンによってはリケーブルにより音量が多少アップする場合もあります。刺さりなどの刺激の多い低価格中華ハイブリッドなどでは高域の歪みの抑制などにも効果が得られる場合もあり、全体的に中音域を中心に奥行きを感じやすくなるようです。中高域の伸びが向上するといわれる銀メッキ線と、中低域の厚みが増すといわれる銅線の両方の傾向を持つミックス線の特徴がしっかりと活かさせたケーブルだと思います。

少し前のKZや最近のTRNなどのいわゆる「寒色系ドンシャリ傾向」のイヤホンの場合、8芯銀メッキ線ケーブルや16芯ケーブルではメリハリが強めで高域が少しキツめに成る場合も多いですが、KBEAR 「KBX4905」ではこれらの「派手めの音」のキャラクターは維持しつつ、中音域の情報量が向上し、より立体的な定位感や音場感など音の広がりを実感できるようになります。また最近の「KZ ZSTX」のように中音域メインのバランスの良いサウンドでもイヤホンの印象を変化させずに音の濃さをアップさせます。
KBEAR 「KBX4905」KBEAR 「KBX4905」
また「CCA CA12」や「KZ AS16」のようにドライバー数の多いイヤホンの場合、ある程度の駆動力を必要とする場合も多いですが、KBEAR 「KBX4905」ではイヤホンの特徴を活かしつつ、情報量がアップすることでそれぞれのイヤホン本来のポテンシャルをより発揮できるのではと思います。
というわけで、KBEAR 「KBX4905」は最近の低価格中華イヤホンを中心に幅広い製品で利用できる汎用性の高いミックスケーブルだと感じました。価格も購入しやすく、コネクタの種類も選べますので色々なイヤホンで試してみるのも良いと思いますよ(^^)。