EarFun Air

こんにちは。今回は「EarFun Air」です。以前レビューした同社の「EarFun Free Pro」は、比較的低価格ながらANC搭載で音質面も良く使い勝手も良好、ということで、他の方のレビューでも好評なようで気づけばこのクラスではちょっとしたスマッシュヒットになっているいみたいですね。
今回はそれより少し前から販売されている製品で、海外での賞をいくつも受賞しているらしい、こちらも人気モデルのようです。「EarFun Free Pro」のようなANCは未搭載ながら本体の7時間連続再生、充電ケースのワイヤレス充電対応など同様の特徴を持ちつつ、より優れた装着性と通話音質、さらにIPX7と高い防水性能を備え、さらに操作面でも耳からの脱着での装着検知による自動再生・停止機能などを備えるなど、総合的な機能面で非常にバランスがとれたモデルです。ANC機能はあっても電車内など効果を感じるシチュエーションが限定的なこともあり、「使わない」という方も結構多いので、同程度の価格で機能面を充実させた「EarFun Air」も良い選択肢となるでしょう。

EarFun AirEarFun Air
EarFun Air」はドライバーに剛性と柔軟性を併せ持ち歪みの少ないPEEKおよびPUの複合素材による振動板を採用した6mmサイズのダイナミックドライバーを搭載。不要な振動を抑制し滑らかかつ繊細な中高音と深みとキレのある迫力のある重低音が楽しめます。また装着性に優れ、快適な音声通話を可能にするシェルデザインを採用。片方に2個のマイクを内蔵した4マイクテクノロジーにより音声通話の際に周囲の雑音や騒音を効果的に取り除くことで、よりクリアな音声品質を実現しています。また装着検知センサーを搭載し、イヤホンの装着時に自動再生、外すと自動停止する機能も搭載しています。
EarFun AirEarFun Air
Bluetooth機能は5.0で、Airoha社のMCSync技術により、TWS+同様に左右がそれぞれペアリングすることによる安定した接続性および左右それぞれを単独での使用も可能。さらにまた本体部分は1mの水没にも耐えうる事を示す「IPX7」の高い防水性能を持っており、自社開発の「SweatShield」テクノロジーにより水や汗からの侵食を防ぎます(ただし本体のみ。充電ケースは防水ではありません)。

BluetoothV5.0
ドライバー6mm PEEK+PU複合振動板
ダイナミックドライバー
コーデックAAC / SBC
再生時間本体 7時間、合計35時間
バッテリ(片方)55mAh、(ケース)500mAh
高速充電1.5時間(本体) 2時間(ケース) 
4時間(ワイヤレス)
防水性能IPX7 (本体のみ)
搭載機能自動装着検出機能、
通話NC(4マイクテクノロジー)
接続距離約15m
充電コネクタUSB Type-C
重量重量:5.3g(片側) 60g(全体) 
EarFun Air」の購入はアマゾンの公式ショップにて。カラーは「ブラック」と「ホワイト」の2色を選択でき、価格は5,499円です。※現在500円クーポン配布中のため、実質4,999円で購入可能です。
Amazon.co.jp(EarFun公式ショップ): EarFun Air

※「EarFun」アマゾン公式ショップより、特別クーポンコード(ホワイト限定)を発行いただきました。サイトのクーポンと併用により合計で20% OFF(1,100円割引)となります。興味のある方はこの機会に上記リンクよりご購入ください。
特別 クーポンコード(ホワイトのみ/併用可能): EARFUNAIR10
期間: 2021年3月9日00:01~3月12日23:59まで



■装着感、操作性に優れるデザイン。通話音質の良さや装着検知機能もポイント

EarFun AirEarFun Air
EarFun Air」は5千円程度の比較的低価格のモデルながら、他社よりしっかりしたパッケージで製品品質もより上の価格帯の製品とも遜色ない印象ですね。パッケージ内容は、イヤホン本体、充電ケース、イヤーピース(XS/S/M/Lサイズ)、充電用USBケーブル、説明書、保証書など。
EarFun AirEarFun Air

イヤホン本体はマイク部分が棒状に伸びた、AirPods型(あるいは「うどん型」)の形状ですが、耳に装着する部分がよりフィット感のあるデザインになっています。イヤーピースはXSサイズを含む4サイズが付属しており、耳が小さい方でも装着性で困ることは少なそうです。
EarFun AirEarFun Air
「うどん型」は音声通話時にマイクが少し近いため通話品質が高いだけでなく、実は装着性のうえでも結構安定感があります。さらに「EarFun Air」はしっかり耳にフィットし、多少体を動かしても落ちることはないようです。通勤通学などの移動時はもちろん、ジムでのトレーニングやジョギング程度のランニングであればそれほど問題ない印象ですね。
EarFun AirEarFun Air

背面部分はタッチセンサーとなっており、ひととおりの操作が可能です。シングルタップによる動作は音量のアップ/ダウンのみのため誤操作が少ないのも特徴です。

再生/停止2回タップ(左右どちらか)
曲送り右側 3回タップ
音量UP右側 を触る
音量DOWN左側 を触る
音声アシスタント左側 3回タップ
受話/終話着信時2回タップ(左右どちらか)
着信拒否左右どちらかを2秒長押し
通話切替3回タップ(左右どちらか)

■ ボーカル帯域を中心に聴きやすいサウンド。低域の質感も良好。

EarFun AirEarFun Air」の音質傾向は、中低域寄りのドンシャリで最近増えているボーカル帯域を中心とした印象のサウンド。聴きやすく、いわゆる「万人受け」するチューニングだと思います。最近は一部の格安TWSを除き低域モリモリでやたら籠もってる感じのイヤホンはほとんど無くなってきましたね。高域は明瞭さを感じつつ刺激の少ない音で、重低音は軽めですが深さがあり、ミッドベースを中心に量感があり癖の無い音を鳴らします。中音域は近く音場はそれほど広くはありませんが、多少環境ノイズの多い場所でもボーカルを聴きやすく鳴らしてくれます。aptXおよび低遅延モードなどは未対応ですが、音楽配信サービスなどで音楽を楽しんだり、通話やオンライン会議などでの用途では同価格帯の製品を上回る実力を感じるのではと思います。
 
EarFun Air」の高域は比較的明るく鮮明さのある音を鳴らします。中低域寄りのバランスですが籠もったり遠くに感じることは無く自然な鳴り方をします。やや柔らかさと温かみがあり刺さりなどの刺激はコントロールされています。全体的に聴きやすい音です。
EarFun Air中音域は最も主張があり、近くで定位します。音場は広くありませんが、適度な鮮明さと自然な解像感がありボーカルは癖のない音を鳴らします。高域の抜け感やスッキリした印象を好まれる方には、もう少しキレが欲しいと感じるかかもしれませんが、普段使いのイヤホンとしては使いやすいチューニングだと思います。
低域は低音モリモリという感じではないものの、十分に存在感があり、このサイズのドライバーとしてはしっかり鳴っていると思います。重低音はやや軽く感じるものの沈み込みはそれなりに深く感じます。ミッドベースは存在感がありますが、中高域との分離は良く心地よく下支えする印象です。
ロック、ポップス、EDMなどと相性が良く、スマートフォンとペアリングして気軽に頼むイヤホンとして十分な性能を持っていると思います。

というわけで、「EarFun Air」は少し以前のモデルとなるためスペック的な目新しさは少ないものの、現在の視点でも非常に使い勝手が良く、必要十分な音質性能を持った手堅いモデルという印象でした。装着感が良く、使いやすく音質的にも聴きやすい完全ワイヤレスイヤホンを探している方にはお手頃の製品だと思います。