NICEHCK Lofty

こんにちは。今回は「NICEHCK Lofty」です。中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」のオリジナルブランド「NICEHCK」による「話題の最新モデル」ですね。特徴はなんといっても「ピュアベリリウム振動版ダイナミックドライバー搭載」という点。中華イヤホンの世界でも「ベリリウムコート振動版」(樹脂振動版にベリリウムの表面処理コーティングを施したもの)は低価格な機種も含めて何種類か登場しているのですが、すべてベリリウム素材で作られた振動版というと「final A8000」や「DUNU Luna」など、20万円、2,000ドル級の超高級モデルに「ほぼ」制限されます。この「ほぼ」の理由のひとつが今回の「NICEHCK Lofty」で、同様に「ピュアベリリウム振動版」を採用しながら価格は250ドル以下、3万円以下の設定になっています。もっとも傾向的には他の「ピュアベリリウム振動版」採用の製品とは多少異なった方向性ですが、音質自体は非常にレベルが高く、同価格帯の他の製品と比べても非常に競争力のあるイヤホンだと思います。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty
このような「NICEHCK Lofty」は発売前から大変な話題になりましたが、他の「ピュアベリリウム振動版」搭載のイヤホンと異なる方向性もあって発売後も話題が尽きないイヤホンでもあります。というのも日本では「ピュアベリリウム」といういと「final A8000」のイメージが強すぎるというのも影響しているでしょう。さすがにA8000が数分の1で買える、みたいなことは誰も考えてはいないと思いますが(もちろんHCKもそういうPRは当初からしていません)、貴重なドライバーだけに「ベリリウム=A8000的」な印象が先行してしまった部分はあるやもしれません。「final A8000」は「素晴らしい成功例」ではありますが、「final A8000」がベリリウムドライバーの音質傾向の「全てでは無い」のは言うまでもありません。

そして、「NICEHCK Lofty」は発売前の海外でのテストで非常に高い評価を得たという情報通り「ボーカル帯域、中低域にフォーカスし弱ドンシャリ傾向にまとめられた音質傾向」のイヤホンとしては非常に高音質で、ベリリウムならでは解像感や表現力などを持った良い製品だと思います。
まあ初期ロットについては長時間エージングが必須だとか(現在のロットでは出荷前に約100時間のエージング処理を行ってから出しているそうです)、個人的にはリケーブル推奨という印象もあり、例によって再生環境は相応に選ぶとか、マニアのための「楽しむためのお約束」は存在します。その点も含めて紹介できればと思います。

NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty

少し前置きが長くなりましたが、「NICEHCK Lofty」は前述の通り、「10.1mmのピュアベリリウム振動版ダイナミックドライバー」をシングルで搭載。テスラレベルの二重磁気回路を採用し高音質化を実現しています。5軸CNC加工されたアルミニウム合金製のハウジングはメタリックグレーとローズゴールドの2色が選択できます。コネクタは0.78mm 2pin仕様で中華2pin、CIEM 2pinコネクタのケーブルが使用できます。付属ケーブルは6N 単結晶銅線材を使用した布張り被膜のケーブルで、購入時にプラグを3種類(3.5mmステレオ、2.5mm/4極、4.4mm/バランス)から選択できます。

NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty

NICEHCK Lofty」の購入はAliExpressの「NiceHCK Audio Store」またはアマゾンの「NICEHCK」マーケットプレイスにて。AliExpressが 239ドル~、アマゾンが25,499円~です。AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK Lofty


■ シンプルな形状ながら高級感のあるデザイン。付属品も充実。

最近はHCKのイヤホンもセラー商品というよりは完全な「NICEHCK」ブランドの中華イヤホン製品として市場でも定着していますね。今回の「NICEHCK Lofty」も早々に初回ロットを販売するなど好調な出だしのようです。私は「ローズゴールド/4.4mmプラグ仕様」でオーダーしました。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty
パッケージは本体カラーに関係なくグレーのグラフィックが描かれています。パッケージ内容はイヤホン本体、ケーブル、ケーブル留め(マグネット式)、イヤーピースは「AET07」風が4サイズ(SS/S/M/L)、ソニー風が3サイズ(S/M/L)、レザーケース(ハードタイプ)、説明書、保証書など。必要なものを過不足無くまとめた良い内容ですね。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty

アルミニウム合金製の金属ハウジングは比較的コンパクトなデザインで、耳にフィットしやすい形状にまとめられています。コネクタは2pin対応で凹みのないフラットな仕様。そのため、付属のケーブルも最近のHCKのCIEM 2pinとは異なり「中華2pin」タイプになっています(もちろんCIEM 2pinでもリケーブル可能)。装着性は良好で、多くの場合付属のイヤーピースで問題ない装着できると思います。よりフィット感を高めたい場合は、定番のJVC「スパイラルドット」や、フィット感の強いタイプでは「AZLA SednaEarfit XELASTEC」や「SpinFit CP100+」など、自分の耳に合う最適なイヤピースを選択するのも良いと思います。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty

ケースはブルーのレザータイプになりました。「NICEHCK NX7 Mk3」などに付属している布張りタイプも高級感がありましたが、それより少しコンパクトなサイズになっているものの、より高級感があり、付属品も含めていれても十分な容量があります。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty
ケーブは6N 単結晶銅線の4芯タイプで固めの布張りで仕様となっており、線材自体は見た目は「NICEHCK C4-1」の色違いのようにも見えます。コネクタやプラグは最近のHCKのケーブル製品同様に、クローム処理された部品が使用されており、高級感があります。


■ 初期ロットはエージング必須。とにかく再生環境での違いが大きいため、いろいろ試してみた。

NICEHCK Lofty前述の通り、初回ロットの「NICEHCK Lofty」は100時間程度のエージングが必要とされています(現在のロットではあらかじめ同様のエージング処理を行って出荷しているためエージングは不要のようです)。私の場合は1週間の出張中にさまざまなジャンルのプレイリストをエンドレス再生する方法で約150時間ほどエージングを行いました。確かに開封直後と比べてエージング後は中高域の伸びが向上し、バランス接続では低域の解像感が増すなど、特に駆動力のある再生環境で鳴らした場合の印象に大きな変化がありました。
また、「NICEHCK Lofty」は購入時にプラグ種類を選択できますが、多くの再生環境で3.5mmアンバランスよりバランス接続のほうが好印象でした。「NICEHCK Lofty」の明瞭な解像感はより分離が良く構造的に高出力なバランス接続と相性が良いようです。

また、アンバランス(3.5mmステレオ)出力の場合、あるいはバランス出力でも小型のDAPでの再生の場合などは、付属ケーブルとの組み合わせで、想像以上に「音がウォームに変化する」印象があります。試しに付属ケーブルを他のイヤホンと組み合わせてもそこまでの違いはなかったことから、単純に「NICEHCK Lofty」との相性が理由だと考えられますが、よりキレがあり煌めきを感じる中高域を得たい場合はリケーブル推奨と考えた方が良いでしょう。ケーブルの組み合わせについては後述します。このように再生環境での影響の大きいイヤホンのため、例によって様々な環境で違いを確認しています。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty
今回は参考までに比較中の写真を撮っておきました。さらに複数のDAPで試すこともあるのですが、アンプの出力で類似した傾向は経験上把握している部分もあるため、そちらで判断することも多いですね。
NICEHCK LoftyNICEHCK Lofty
据置き環境でも駆動力や傾向の違いから「Sabaj D5」「SMSL M200+SP200」「TOPPING D50+A50s」「iFI nano iDSD BL」あたりで試しています。据置きの場合のプレーヤーは「foobar 2000」および「Audirvana」を使用しています。

NICEHCK Lofty」の音質傾向は、冒頭に記載の通り、ボーカル帯域、中低域にフォーカスし弱ドンシャリ傾向にまとめられた印象です。私は4.4mm/5極バランスプラグ仕様でオーダーしましたが、比較のため変換プラグを使用して3.5mmステレオ(アンバランス)で聴いてみると、付属ケーブルの組み合わせでは相当高い出力でならさない限りは中低域が厚めで高域が抑えられ、よりウォームな印象を感じるサウンドになります。ここで同じアンプでもバランス接続に変えるだけで中高域が覚醒したように主張が増しキレのある印象に変化します。具体的には付属ケーブルでアンバランスの場合は比較的高出力の据置きアンプでハイゲインモードにしてようやく覚醒し、付属ケーブルのバランス接続では同じアンプのローゲインや比較的駆動力のあるDAPでも十分に本来のサウンドを実感できました。「NICEHCK Lofty」自体は決して暖色系というわけではないのですが、付属ケーブルとの組み合わせでこのような印象になっているものと考えられます。

NICEHCK Lofty高域は鮮やかさのある伸びの良い音を鳴らしています。しかし、「付属ケーブルでアンバランス」の組み合わせの場合、再生環境によっては中低域が前面に出ることで、いまひとつスッキリしない印象になります。これも十分に駆動力のあるDAPや高出力なアンプで鳴らせば「ちょうどよいバランス」と感じる方も多いと思いますが、それでもポータブルアンプも含めてアンバランスでの利用であればリケーブルを検討した方が良い場合もあります。情報量の多い銀メッキ線などに換えた場合、あるいはバランス接続で接続した場合は主張が一気に増し、煌めきのあるサウンドになります。この環境では解像度は非常に高く、明るさを感じる音になります。いっぽうで多少鋭さと派手さが増すため、刺激のある音が苦手な方はケーブルの種類を工夫した方がよいかもしれません。同じベリリウム振動版でも「final A8000」などはリアルな高域を表現しつつも派手にはならず、「KBEAR Believe」はむしろ派手さを抑え気味ながら明瞭さは維持しているため、それぞれのイヤホンで良し悪しではなく「違いがはっきりしている」印象です。リケーブルの有無で印象が激変しても「NICEHCK Lofty」の音作りのアプローチを実感できる音域ではありますね。

NICEHCK Lofty中音域はボーカル帯域の主張を感じる印象。解像感や表現力の高さは新たな激戦区ともいえる200ドル~300ドルクラスのイヤホンの中でも上位に感じる方も多いでしょう。(リケーブル後の)高域同様に鮮やかさがあり、明瞭で解像感の高いサウンドながら輪郭が不自然に際立つことも無く、1音1音を綺麗に表現してくれる印象。付属ケーブルで駆動力が足りない場合は多少低域でマスクされるような印象もありますが、再生環境を整えれば見通しの良いサウンドを楽しめます。サウンドバランスはボーカル帯域を前面に出したイマドキの音質傾向で、女性ボーカルおよび男性ボーカルとも美しい響きと余韻を楽しめます。音場は適度な広さと奥行きを感じ、分離も良く演奏の表現力は高いものの、ボーカル寄りのチューニングのため定位は正確ではありません。最近のロック、ポップス、アニソンなどのボーカル曲に最適化されたサウンドだと思います。

低域も高域同様に再生環境での違いを大きく感じる音域です。個人的にはアンバランスでの出力はややミッドベースの膨らみが大きくなりがちでエージング後も印象の変化はあまりありませんでした。いっぽうでバランス接続では開封後と長時間エージング後で明瞭さに違いがあり直線的で締まりのある印象になりました。こちらもリケーブルでの変化が大きいですが、私自身は低域についてはリケーブル後でもアンバランス接続では満足のいく変化は得られていません(合金ケーブル等まだアンバランスで試していないケーブルもあるので、興味のある方はトライしてみてくださいね)。
NICEHCK Loftyいっぽうバランス接続では結構ケーブルの材質による変化を実感しやすく、個人的にはアタックのキレやスピード感をなどで分かりやすく変化の得られた「NICEHCK DarkJade」のようなグラフェンケーブルが好印象でした。これらのケーブルでは分離性もかなり高くなるので気になる方は(バランス接続で)試してみていただければと思います。どちらの場合も重低音については深く沈みしっかりした重さを感じるなど下から突き上げるようなパワフルで心地よい音を鳴らします。またここまで分かりやすい変化ではないものの、バランス接続では「KBEAR Believe」とも相性の良かった「NICEHCK C4-1」も「NICEHCK Lofty」と合うと思います。

というわけで、本レビュー掲載時点でもいろいろな感想がTwitterなどでも投稿されている「NICEHCK Lofty」ですが、個人的には開封時のインプレッション(毎回Twitterにあげていますので、良ければご覧ください)同様、「これはこれでアリ。価格に見合ったとても良いイヤホン」という印象です。ただやはりHCKの煽り宣伝もあり「期待とは方向が違う」という方がいらっしゃたのも事実だと思いますので私なりにいろいろ試して最適解を探してみた、みたいなレビューとなりました。
NICEHCK Loftyまあマニア的感覚からすると「こうやっていろいろ遊べて話題にできること自体が製品としては正解」みたいなところもあるのですが(笑)、あとは3万円近い価格設定をどう捉えるかですね。私自身は個人的に購入した200ドル~500ドルくらいの未レビューのイヤホンが結構たまっているので、今年の夏はこれらの製品でどのくらい遊べるか、いろいろ試してみようと思っています(がんばって全部レビュー掲載できればいいなぁ)。
あと、すごく余談ですが、リケーブル云々書いてきたものの、エージング後の「NICEHCK Lofty」は同社のTWSアダプタ「NICEHCK HB2」と組み合わせても「結構イケる」という、たぶんどうでも良い情報も書いておきます(^^;)。