Unique Melody 2HT

こんにちは。今回は「Unique Melody 2HT」です。ほぼ「棚からレビュー」というか、最近買うだけ買って未レビューになってるイヤホンを合間を見て少しずつ紹介していこうシリーズになります(^^;)。
Unique Melody」といえば中国のハイグレードなCIEM(カスタム・インイヤーモニター、通称「イヤモニ」と言われるやつですね)メーカーとしてマニアの間ではお馴染みですね。ハイブリッド型のCIEMを他社に先駆けて手がけるなど、技術力に裏付けられた人気ブランドです。いっぽうで同社のユニバーサル型モデルも音質およびデザイン面でも人気が高く、最近では5万円以下と従来に比べて大幅に低価格の「Terminator」シリーズも登場しました。その第2弾で、1BA+1DD構成の使いやすいハイブリッドモデルとして3万円台の価格でリリースされたのが「Unique Melody 2HT」です。
「Unique Melody」というとやはりCIEMの印象が強いメーカーですが、私の場合、過去にこのブログでも何度か書いている通り耳穴が極端に細いためCIEMが非常に作りにくく、またコンディションに応じて圧迫感が感じるなど「とにかく向かない」ためなかなか手が出せない印象はありました。それでも同社のユニバーサルモデル、例えば「Mavis II」あたりの中古を物色したりしてるのですが、その「Mavis II」同様に「赤色」系統のモデルが低価格の「Terminator」シリーズで登場したことで、とりあえず「見た目買い」で購入してしまいました。まあ手頃な中古が出たことも理由ですね(^^;)。


Unique Melody 2HTUnique Melody 2HT
閑話休題、「Unique Melody」の「Terminator」シリーズは、最初に登場した「3DT」(3DDモデル)、そして今回の「2HT」(1BA+1DD)とも、シェルにスタビライズウッドを使用し、軽量ながら高い硬度と耐久性を持っており美しい工芸品のような見た目も印象的です。前作の「3DT」がサウンド的には若干ウォームで濃さを感じるサウンドだったのに対し、「Unique Melody 2HT」はBAを中心に低域をダイナミックドライバーでカバーするハイブリッド構成によるよりニュートラルな印象。ハイブリッド型のCIEMで長年の実績をもつ同社らしさを感じつつ、エントリーモデルとして様々な用途での利用を想定したバランスにチューニングされているようです。
Unique Melody 2HTUnique Melody 2HT
ドライバー構成は中高域用のBAと、低域用のダイナミックドライバーの組み合わせとなります。またインピーダンス10Ω、感度113dB/mWとCIEM製品同様の反応の良いチューニングとなっているため、ノイズの少ないDAPやポータブルアンプ等での利用を想定した仕様といえるでしょう。

Unique Melody 2HT」の価格は 36,900円(税込み)です。
Amazon.co.jp(国内正規品): Unique Melody 2HT


■ 赤いUMメタルケースは至高(笑)。比較的コンパクトな美しいウッドシェル。

購入したのは約1ヶ月前で今回は状態の良い中古を購入することが出来ました。ただし付属品の内容等は新品とは若干異なる場合があります。「Unique Melody」ロゴの重量感のあるメタルケースはシンプルでとても格好が良いのですが、「Unique Melody 2HT」では他のモデルにはない鮮やかなレッドのケースが付属します。このUMレッドケースだけでも結構満足度が高いのは、きっと気のせいですね(笑)。
Unique Melody 2HTUnique Melody 2HT

Unique Melody 2HT」の本体は「3DT」同様にスタビライズウッド製で、赤い塗料を染みこませて硬化させた木材をCNCによる切削加工で精密に削り出すことで成形しています。元になる木目の濃淡で赤色と紫色のコントラストが生まれており、個体によって木目は異なるためどのような色味の製品が届くのかは「開けてからのお楽しみ」というものこのタイプの製品の特徴ですね。
Unique Melody 2HTUnique Melody 2HT
シェルサイズは比較的コンパクトで木製シェルということもありとても軽量です。シンプルなデザインながら装着性は良く使いやすい仕上がりになっているのはさすがUnique Melody、といったところでしょう。ただコネクタは埋め込み無しの2pin仕様でケーブル側のピン折れなどによるリスクがちょっと心配なのは否めないかもしれません。比較的太さのある8芯タイプの銀メッキ線ケーブルが付属することもあり、上記の金属ケース内では収納にちょっとコツが必要で無理に押し込むとピンが曲がってしまうこともあります。ピンが入ったまま折れたりすると大変なので、付属ケーブルとケースの組み合わせの場合、ちょっとだけ気をつかいますね。


■ 弱ドンシャリ傾向ながらUMらしい癖がなく使いやすい上質なスッキリサウンド。

Unique Melody 2HTUnique Melody 2HT」の音質傾向はニュートラルで癖のない中高域と質感のある低域のコントラストが心地よいスッキリしたハイブリッドサウンドです。サウンドバランスは聴きやすい弱ドンシャリですね。細かい音の変化をしっかり捉えるダイナミンクレンジの広さはエントリーモデルといえどUM、という感じもあります。3DDの「3DT」が若干ウォームで各音域の厚みをもったサウンドだったのに対し、よりニュートラルで癖のない「UMらしい音」といえるのではと思います。メリハリやパワーのある派手めのサウンドを好まれる方には多少物足りないかもしれませんが、この価格グレードのイヤホンとして十分な仕上がりだと思います。個人的には全く試聴せずの完全な「見た目買い」でしたが結構満足できる製品だと感じました。

Unique Melody 2HT」の高域はスッキリ伸びる直線的な音で鳴ります。適度な煌めきがありますが刺激などはコントロールされており過度の刺さりなどはありません。明るく華やかさがあり、派手さは無いものの色彩のある音を繊細に鳴らしてくれる印象は好感が持てます。再生環境によっては多少主張が強めに感じる場合もあります。
Unique Melody 2HT中音域は透明感があり、見通しの良さとともに情報量の多さも感じます。リスニング用の弱ドンシャリ方向のチューニングのため、フラットな同社のCIEMや上位モデルに比べると曲によっては僅かに凹み、メリハリを感じるかもしれません。ボーカルの滑らかさや演奏の細やかさなど、エントリーモデルとはいえ同社らしい質の高い音作りを実感する部分が随所にあります。音場の広さは普通ですが見通しの良い音で定位は良好です。
低域はハイブリッドらしい力強さがありスッキリした中高域をしっかり下支えします。派手さを抑えた直線的な鳴り方ですが十分な量感があり比較的タイトな音を鳴らします。重低音も適度に深く心地よい質感でまとめられています。

というわけで、「Unique Melody 2HT」でしたが、完全な衝動買いのわりに満足感を得られた製品でした。なんというか最近仕事の合間に気づくとこの価格帯のイヤホンをポチってたりするようになってしまい、せっかくどれも良いイヤホンなのに、ひとつひとつをじっくり楽しめないジレンマを感じたり。このイヤホンももっといろいろ楽しめる製品だと思うのですが、とりあえず、未レビューでたまる一方のイヤホンたちを紹介してから、ちょっと腰を落ち着けようかなあと思う今日この頃です。とかいいつつ、今日もまた新しいイヤホンをポチってるわけですが・・・(^^;)。