Victor HA-FW1000T

こんにちは。今回はどちらかというと雑記ネタですね。発売前から話題となっていたJVCビクターの完全ワイヤレスイヤホン「Victor WOODシリーズ HA-FW1000T」ですが、私も11月5日に発売にあわせて予約注文で購入してみました。月末月初と仕事が立て込んでいたこともあり無試聴突撃です。
しかし個人的にはそのサウンドチューニングは非常に好印象だったものの、実際に使用する上で回避できない問題と直面してしまいました。というわけで、音質面の製品レビューなどは既に複数ネット上にありますし、今後も増えてくると思いますので、ここでは「私個人が直面した問題点」を中心に記載していきます。先に結論を言うと「できる限り購入前に自分の環境でペアリングして試聴をした方が良い」ということになりますね。

Victor HA-FW1000TVictor HA-FW1000T
改めて、「Victor WOODシリーズ HA-FW1000T」はJVCビクターより発売された完全ワイヤレスイヤホン(TWS)のフラグシップモデルで、とにかく「音にこだわった」製品、ということになっています。「WOODシリーズ」ということで、TWS(完全ワイヤレス)製品ながら搭載ドライバーに木の振動板によるVictorの有線モデル「HA-FW1500」と同等レベルの「ウッドドームカーボンドライバー」を採用。また同社の「K2テクノロジー」をTWSで初搭載し、Qualcomm社の最新テクノロジーを採用するなどスペック面でも上位モデルらしい仕様を実現。さらにサウンドチューニングを「VICTOR STUDIO」が行うなど、こだわりが随所に詰まった製品になっています。この辺は既に多くのところで記載されていますので、ここでは要点のみを列記します。

・新開発「11mm ウッドドームカーボン振動板ダイナミックドライバー」を搭載。
・ビクタースタジオエンジニアが音質チューニングに参加。「プロが認めた良い音」を実現。
・「Qualcomm Adaptive ANC」ノイキャン対応。
・「aptX Adaptive」96kHz/24bit ハイレゾコーデック対応(LDACは未対応)。
・同社デジタル高音質化技術「K2テクノロジー」をTWS製品として初搭載。
・新開発「スパイラルドットPro」イヤーピースを付属。


BluetoothV5.2
ドライバー11mm ウッドドームカーボン
ドライバー
コーデックaptX Adaptive / aptX /
AAC / SBC
ANCQualcomm Adaptive ANC
高音質化「K2テクノロジー」搭載
スパイラルドットPro付属
Tuned by VICTOR STUDIO
通話性能Qualcomm CVC
MEMSマイク
タッチ&トーク機能
再生時間9時間(NC OFF) / 5.5時間(ON)
ケース込み 最長27時間
充電時間2.5時間(本体) 2.5時間(ケース)
防水規格IPX4
その他装着センサー(モード自動選択)
100段階ボリューム
TrueWireless Mirroring対応
Power Class 1
重量7.8g(片側)、45g(ケース)
Victor HA-FW1000T」の価格は 36,000円です。
Amazon.co.jp: Victor HA-FW1000T


■ ボタン操作にメーカーの妙な意地(狂気?)を感じるも、個人的には「使い方次第」かなと。

普段、どんどん豪華さを増している中華イヤホンなんかをレビューしていると、いかにも日本の家電製品な「Victor HA-FW1000T」のパッケージは逆に新鮮ですね(^^;)。付属品は非常にシンプルで細かい説明はWebの説明書を見てね、というタイプです。
Victor HA-FW1000TVictor HA-FW1000T

イヤーピース「スパイラルドット Pro」が5サイズ付属するのはいかにもJVC感あります。ちなみに普通の「スパイラルドット」と比べてどの程度違うのかはよく分かりませんでした。私は耳穴が小さく普段「スパイラルドット」もSサイズしか使わないからかも。Sサイズは付属のProもあまり違いませんでしたが、たぶんMサイズ以上だとちょっと違うのかもしれませんね。
Victor HA-FW1000TVictor HA-FW1000T

Victor HA-FW1000T」の本体形状自体は耳にフィットしやすいデザインを採用しています。ただ遮音性やよりダイレクトなサウンドを意識したせいか、ステムノズルがかなり直線的で長いのが気になりますね。この形状のため、普段使用しているイヤーピースのサイズでは上手く入らない場合もあるかもしれません。あるいは付属のスパイラルドットては安定せずすぐに耳から落ちそうになる方も多そうです。このようなケースでは通常よりワンサイズ小さくしてより耳穴奥まで挿入することでしっくりくる場合もありますが、それだけでは合わない方もいらっしゃるでしょうし、私のようにもともと耳穴が細い場合はどうしようもありませんね。そうなると他社製イヤーピースを組み合わせることになります。
Victor HA-FW1000TVictor HA-FW1000T
次に操作性について。こちらは「(多機能なのに)アプリが無い」という点がまず多くの方が挙げる点です。そのためかなり特殊なボタンの割り当てになっているのも「使いにくい」と言われる要素でしょう。確かに実際のボタンアサインを列記してみると、その種類の多さと複雑さはちょっと「げんなり」しそうになります。ただ、個人的にはこれについてはさほどネガティブには捉えておらず、結局は使う機能だけ覚えておいてあとは慣れろ、ってことなんでしょうね。

再生/停止左側 1回タップ
外音取込み右側 1回タップ
曲送り右側 2回タップ
曲戻し右側 3回タップ
音量DOWN左側 2回タップ
音量UP左側 3回タップ
ANCモード左側 4回タップ(OFF/ON)
「K2」機能右側 4回タップ(OFF/ON)
受話着信時左側 1回タップ 
終話通話時1秒長押し(左 / 右)
着信拒否着信時1秒長押し(左 / 右)
ミュート通話時左側 1回タップ
マスク
モード
通話時右側 4回タップ
通話切替通話時右側 5回タップ
音声認識左側 1秒長押し
装着センサー左側 5回タップ
この「左右でボタンアサインが異なる」点や「無駄に機能が多くて複雑」な点は、他のTWS製品と比較しての「わかりやすさ」より、いかにも技術屋(ハード屋)が考えがちな「合理性」を感じます。意地でもアプリにしないぞ、みたいな(笑)。
ビクターというと1980年代のソニーとのVHS・β戦争をまず思い出すのは現在では相当の「おっさん」世代になってしまいましたが(とほほ)、当時はビクターももちろんソニーだって技術屋先行のモノがいっぱいあって、ユーザーは新しい機能(あるいは「新しいボタンorスイッチ」)がついた製品ではまずその流儀を知ることから始めたものでした。その視点で捉えれば、よく使う機能は「慣れれば」問題なく使えるし、いちいち押す回数の多い機能はそういう優先度で使うのがこのイヤホンの「流儀」だとわかれば、それほど不便ではありません(個人的には)。

Victor HA-FW1000T無限に押し続けることを要求されそうな「100段階ボリューム」については、基本はペアリングした端末側で音量操作を行い、最後の「微調整専用」で使う、というのが「正解」でしょう。ストリーミングで「ラウドネスノーマライゼーション」の設定をしていないと(音質的な理由でOFFにしている方が多いですね)、ランダム再生時に音量変化がアルバムごとに発生するなど、イヤホン側で都度音量操作をしたくなりますが、そういう使い方はしないほうが良いと考えましょう(笑)。
またノイキャンなどの機能は基本はこまめに変更せず「入れっぱなし」か「使わない」かで普段は固定しておくのがやはり「正解」でしょう。「Victor HA-FW1000T」で採用されている「Qualcomm Adaptive ANC」はチップセット組み込みの機能で、他メーカーのTWS製品のANC機能と比べて効き方は結構ソフトです。あんまり効かないかわりに音質変化も少ない、ということなのでしょう。他にも標準でONになっている「装着センサー」についてはANC以上に普段は操作しないことを想定しているのがわかりますね。


■ 音質面は抜群に素晴らしい。ただ個人的には装着性と致命的な相性問題で大いに悩まされる。

Victor HA-FW1000T」の音質(「スパイラルドット Pro」使用)は個人的には価格に見合う申し分のないものでした。ウッドコーンらしい自然なサウンドで、解像感でおしてくるタイプではありませんが空間表現や鳴りの滑らかさなどは素晴らしですね。ただ、「これがビクタースタジオのチューニングか!」とか「まさにTWS版のFW10000!」みたいなことは全然無いので過剰に前のめりな期待だと「まあこのくらいだよねー」ってなるかもしれません(汗)。ただとにかく自然な音でイマドキのボーカル推しチューニングやメリハリ重視のサウンドがどうかな、という人には最適でしょう。なお、開封直後はやや低域強めに感じますが、エージングで多少印象に変化を感じました。
いっぽう全体として音像は明瞭なのですが、キレ感はもう少し欲しいかもしれません。また低域の響き方は多少もっさりします。この点については「K2」「ANC」「操作センサー」をすべてOFFで使用する方が良いでしょうね。

Victor HA-FW1000Tと、ここまでが「レビュアー」としての一般的な感想ですが、ここからは私個人および環境に限っての使用感について。まず、装着感について。前述の通り付属の「スパイラルドット Pro」ではそもそも耳に合わない、という方が一定数いると思われる形状なのですが、同時にイヤーピースを変えると結構音も変わってしまう、という難点もあります。「スパイラルドット Pro」では音質的に好印象だったもののどうしても耳から落ちてしまい、また私自身が耳穴が細いため選べるイヤーピースも限られるため、耳に合うイヤーピースでは音が好みでは無い方向に激変する、という状態に悩まされました。例えば「SpinFit CP360」のような耳に密着するタイプでは、ともとも低域の厚い「Victor HA-FW1000T」の低音が無駄に強くなってしまい、せっかくの空間表現が台無しになる印象になる、といった感じです。これはなかなかのストレスですね。

そして、それ以上に「致命的」に問題だったのが、端末との「相性」です。私は、「aptX Adaptive」対応の端末として、OPPOの「Find X3 Pro」を使用し、Apple MusicおよびAmazon Musicなどのロスレス/ハイレゾ対応ストリーミング、そしてUAPP(USB Audio Player Pro)などの再生アプリを使用する想定だったのですが、この端末とペアリングすると「全く使えない」ことが判明しました。原因は不明です。この「Find X3 Pro」とペアリングするとアプリの種類に関係なく、再生開始約30秒程度でいきなり無音状態になり、回復が一切出来なくなります。そこでいったんBluetoothをOFFにして再接続するとペアリングそのものが出来なくなります。
Victor HA-FW1000Tそして「Victor HA-FW1000T」を何度も出荷時状態に戻して再ペアリングしたり、「Find X3 Pro」も何度も再起動などを行っても現象はかわらず。その後、Twitterで「Find X3 Pro」を使用されている方が私と全く同じ現象になっているとの情報をいただき、これが故障などが原因では無く完全な相性問題だということがわかりました。現在JVCビクター側では相性問題についての記載は無く、またアプリが無いことや同社の過去機種の傾向からもファームウェアのアップデートもほぼ期待できなさそうな印象です。本来使用しようと思っていた環境で使えないとなると持っていても意味が無いのでは、となってしまいますね。結構楽しみにしていたイヤホンでしたので、個人的にもちょっと残念な結果になってしまいました。

この「相性問題」については今のところ「Find X3 Pro」以外の機種での情報は見つかっていませんが、原因がわかっていないため、他の端末でも同様の現象が起こる可能性は否定できません。おそらく「aptX Adaptive」対応の最近のモデルで、多少マイナーな機種を使っている方はあらかじめペアリングして試聴するなど事前確認を行った方が良さそうですね。発売後売上は結構好調のようですし、実際に音質的には非常に優れていると思いますが、操作性なども含めると、価格以上にわりとハードルが高めのイヤホンかもしれませんよ(^^;)。