TINHIFI P1 Max

こんにちは。今回は新製品情報ですね。紹介するのは「TINHIFI P1 Max」です。「TINHIFI」は中華イヤホンブランドのひとつとして最近では主要モデルは国内代理店でも取り扱われるようになり、マニアの間では手堅い高音質ブランドとして認知されるようになりましたね。同社でも平面駆動振動板ドライバーを採用する上位モデルのラインとして設定されているのが「Pシリーズ」で、「TINHIFI P1 Max」は既存の「P1」「P1 PLUS」とは異なる、全く新しく再設計されたデザインを採用するたモデルになります。

「TINHIFI」(当初は「TIN Audio」)は、もともと優れた製品を製造するOEM/ODMメーカーでした。自社ブランドとして最初にリリースした「T2」以降の「Tシリーズ」は中華イヤホンの定番製品として多くのモデルが認知され、人気を得ています。さらにその上位モデルとしてリリースしたのが独自の平面駆動ドライバーを採用した「Pシリーズ」です。最初にリリースされた「TINHIFI P1」は非常にバランスの良いサウンドと平面駆動イヤホンとしては比較的鳴らしやすいチューニングで一部のマニアの間で好評を博しました。
過去記事(一覧): TINHIFI製イヤホンのレビュー

TINHIFI P1 MaxTINHIFI P1 Max

今回の新しい「TINHIFI P1 Max」は全く新しい「14.2mm 平面駆動ダイナミックドライバー」を搭載。2μmの超薄型のアルミニウム振動板と軽量アルミニウムコイルを使用し、両面アレイN52磁石を採用して巨大な磁力を生成します。この新しいドライバーはより正確な定位性と幅広いダイナミックレンジ、そして高速なレスポンスを実現します。さまざまなジャンルの楽曲に対して詳細かつ明瞭なサウンドを提供します。インピーダンスは16Ω±15%、感度は98±3dBで、今回も平面駆動タイプとしては利用しやすい仕様にまとめられています。
TINHIFI P1 MaxTINHIFI P1 Max
ちなみに、「TINHIFI」の平面駆動ドライバーを採用するフラグシップモデルの「P2」および「P2PLUS」が全く新しいシェルデザインを採用しているのに対し、既存の「TINHIFI P1」および「P1 PLUS」は過去に製造を委託された別ブランドにODM供与したことのあるシェルデザインをほぼそのまま採用していました。当時としては最初の平面駆動モデルとして、ドライバーまわりの開発に注力しつつ購入しやすい価格設定をするうえで必要な選択肢だったのだと思います。その経緯を考えれば、今回「P1」を再定義するに当たっては、新しいドライバーとともに全く新しいシェルデザインを採用したのは当然の流れだろうと思います。

TINHIFI P1 MaxTINHIFI P1 Max
TINHIFI P1 Max」ではハウジング部分に3Dプリンティングされたレジン製で、フェイスパネルはステンレス鋼のトーチアレイワイヤーの3D形成で手作りされ、外観においても光沢のある宝石のような仕上げになっています。いっぽうでハウジングに軽量なレジン素材を採用することで本体重量は片側4.8gと軽量で、優れた装着感により長時間のリスニングにも快適性を提供します。

他にも「TINHIFI P1 Max」ではコネクタに0.78mm 2pin仕様を採用し、108コア構成の高純度単結晶銅線ケーブルが付属します。
TINHIFI P1 MaxTINHIFI P1 Max

TINHIFI P1 Max」の購入は「HiFiGo」にて。現在プレセールスの予約受付中です。
販売価格は 179ドル です。
HiFiGo: TINHIFI P1 Max ※現在10ドルOFFの169ドルにてプレセールス受付中です。


というわけで、私自身は「P1」を持っているため「P1 PLUS」はスキップしましたが、今回の「TINHIFI P1 Max」は個人的にはかなり興味がありますね。平面駆動らしい歪みの無いニュートラルなサウンドで、過度に中高域寄りにならず、リスニングイヤホンとしても優れた表現力を持つ「Pシリーズ」の最新モデルですから、当然期待も高まるところです。今後夏にかけて100ドル台の注目モデルになるのは確実だと思いますので、興味のある方はぜひとも挑戦頂ければと思いますよ(^^)。