JSHiFi-晨

こんにちは。今回は「JSHiFi-晨」です。コスパに優れる中華ケーブルのなかでも良質の線材をお手頃価格で楽しめる、ということでマニアの間でも高い評価を得ている「JSHiFi」ブランドの最新イヤホンリケーブル製品です。ダークブラウンの落ち着いたカラーリングに銀メッキ線と銅線のミックス線を束ねた4芯タイプのケーブルですね。カラーリングのイメージ通り中低域の厚みを与えるタイプのケーブルで、今回も組み合わせが楽しみな内容ですね。
なお既存の「JSHiFi」ブランドのケーブルについては過去のレビューも参照ください。
過去記事(一覧):  JSHiFi製イヤホンケーブルのレビュー

購入はアマゾンの「JSHiFi」マーケットプレイスにて。なお、同ブランドの新製品は毎回好評のためアマゾン在庫が売り切れることもあると思います。新製品情報や入荷情報なども含め「JSHiFi」のTwitterアカウント(@xiaoxia76571098)をフォローしておくのもよいと思いますよ。


【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
※現在クーポンで15% OFFの割引を実施中です。

JSHiFi-晨JSHiFi-晨
銀メッキ銅線と高純度無酸素銅線のミックス線材を使用し手編みにより仕上げられた4芯ケーブルです。太めの線材を使用しており信号伝送ロスを最小限に抑え、音の広がりや奥行き感を向上、高域から低域までバランスに優れた傾向だそうです。コネクタはMMCXとCIEM 2pin、プラグは、3.5mmおよび2.5mm、4.4mmのバランス接続が選択できます。
JSHiFi-晨JSHiFi-晨

JSHiFi-晨」は今回も袋入りの簡易パッケージで届きました。今回は4.4mmで2pin、MMCXの2タイプを購入。実際のケーブルを見ると、芯ごとにダークシルバーの銀メッキ線とダークブラウンの高純度銅線を撚り線状に束ね、その上から透明な樹脂被膜で覆っています。
JSHiFi-晨JSHiFi-晨
一般的にミックス線といっても完全に異なる2~3種類の線材を編み込む際にミックスするケース(例えば8芯だったらそのうち4芯は銀メッキ、4芯は銅線、というパターン)や、線材を構成する細い線の時点で複数の種類の材質をリッツ構成などで組み上げた線材の段階でミックスされているケース(最近はこのパターンも多いですね)というのが多いですが、「JSHiFi-晨」の場合は組成としては前者に近いものの構成としては最もシンプルなリッツ線という見方もできますね。

JSHiFi-晨JSHiFi-晨
このような構成のため「JSHiFi-晨」の傾向は一般的なミックス線よりむしろ高純度銅線に近い印象があるようです。情報量を底上げしつつ中低域に厚みを持たせ音場感をアップさせるタイプのケーブルですね。ミックスされた銀メッキ線は低域の厚みに対して高域が相対的に減衰することを抑制する効果があるものと思われます。
そのためイヤホンの傾向を維持し、特定の音域が細ること無くイヤホンによっては音が濃くなり、ハイブリッド構成のイヤホンなどでは低域の重さを高める効果もありそうです。
JSHiFi-晨JSHiFi-晨

印象としてはマルチBAやシングルダイナミックでフラット傾向や中高域寄りのイヤホンと合わせると高域の煌めきなどイヤホンの印象を維持しつつ程よく低域の厚みも増す印象ですね。こういったイヤホンでは刺さりやすい曲では相応に高域成分もあるのですが中低域の厚みが増すため全体的に濃い音になり聞きやすさを維持します。また情報量の向上により音場感や奥行きなどもしっかり感じられるようになります。3千円台の比較的低価格なケーブルですが2~3万円クラスのミドルグレードのイヤホンと合わせても十分にリケーブル効果を楽しめる品質だと思います。

というわけで、「JSHiFi-晨」も特に中低域の厚みなどのリケーブル効果を実感出来るとても楽しいケーブルでした。最近ではニュートラル寄りのイヤホンが増えていますので、イヤホンの個性を活かしつつ、そのなかでもボーカル帯域や中低域の厚みや重低音に力強さが欲しい場合などに最適なケーブルだと思いますよ(^^)。