bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオなどの趣味的レビュー。

コネクタ:MMCX

「IKKO Gems OH1S」 独自技術をふんだんに投入し高音質化を実現。質の良い高域を中心とした明瞭サウンドのミドルグレード中華イヤホン【レビュー】



「AUDIOSENSE DT300」 美しいシェルデザインと寒色系の聴きやすいサウンドでまとめられた、定番Knowles製3BA搭載 高音質中華イヤホン【レビュー】



【棚からレビュー】 「BGVP NS9」 7BA+2DD構成で驚くほどエネルギーのある低域とハイブリッドらしくも滑らかなサウンドが楽しい高音質中華イヤホン



【棚からレビュー】 「FiiO FH3」 100ドル台、アンダー2万円クラスの定番2BA+1DDハイブリッドイヤホンを改めて振り返ってみました。



「TRN TA1」 Knowles製BA搭載ハイブリッドで30ドル台。見た目もサウンドも従来のTRNから進化した「質感」を楽しめる低価格中華イヤホン【レビュー】



「AUDIOSENSE DT100」 3Dプリントの美しいシェルとバランスの良いサウンドが魅力。最新Knowles製シングルBA搭載中華イヤホン 【レビュー】



【棚からレビュー】 「Shure AONIC 5」 購入後半年経過後レビュー。「SE535」を踏襲し、さらにリスニング方向の強化をした3BAハイグレードイヤホン



「Smabat Black Bat」 格好良いピアノブラックのシェルにSmabatらしい存在感のある低域ながらキワモノ度やや高めの低価格中華イヤホン【レビュー】



「Smabat M2 Pro」 まさかの「内部モジュール交換」で印象の異なるサウンドに変更可能。ミドルグレードの高音質インナーイヤー型イヤホン【レビュー】



「Smabat NCO」 独自の音響設計が特徴のM1 Proのカナル型仕様が登場。柔らかく聴きやすい自然な音場感が魅力の中華イヤホン【レビュー】



プロフィール(Twitterアカウント)
(読み) ばいそにか。カフェで息抜きに中華イヤホンのレビューなどオーディオ&ガジェット系ブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。10年近く東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活。普段は小さなIT系企業を細々とやってます。PC(?)遍歴にApple IIcとNeXTstationがあるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。









記事検索
【価格帯別】 レビュー(一覧)
レビュー:低価格イヤホン(50ドル以下)

レビュー:低価格イヤホン(100ドル以下)

レビュー:100-200ドルイヤホン

レビュー:200-300ドル台イヤホン

レビュー:ミドル&ハイグレードイヤホン
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)



タグ絞り込み検索
【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】



中華イヤホンケーブルまとめ(記事)
購入イヤホン「好みランキング」





最新コメント一覧



累計訪問者数 (ユニークユーザ数)
  • 累計:

累計アクセス数 ( PV )
  • 累計: